閉経とセックス

サイト内検索
*悪魔が教える出会いサイト攻略法はこちら→(悪魔の出会い
 

女性は閉経しても日常的なセックスによって増々そのパフォーマンスをあげてゆきます。

その逆に思い出したようなセックスは女性にとっては

非常に苦痛なものとなってしまいます。

閉経後は中途半端はやめてその女性とはやるかやらないかを明確にして

やるときは継続的に抱いてやり、やらないときは他に愛人を作りましょう。

(スポンサーリンク)
ハッピーメールバナー

ポイント制のお勧め出会いサイトはハッピーメール!

|閉経するのは人類だけ

人類性学者の間では女性の閉経は一つの大きな謎になっています。

哺乳類では明確に排卵が終了してこれ以上妊娠はしません

などという閉経現象は見られないからです。

他の動物のメスたちは年老いてもオスからのセックスに応じ

生涯妊娠することが可能です。

動物園などでは高齢出産はよく見かける現象です。

ただ妊娠の確率は大きく低下します。

更には子育てが体力的に困難になって

育児放棄をすることも多いようです。

しかし、人類だけは女性が50歳前後になると

多少の個人差はあれど確実に女のお終いがやってきます。

所謂更年期です。

この更年期は女性にとって大変な苦難を与えるようです。

我々男子もしっかりこの女性に降りかかる難儀の実態を

理解しておかなくてはなりません。

生物界で人類唯一の閉経というこの閉経をしっかり認識しておきましょう。

(参考:50女のエストロゲンとセックス

|閉経するとセックスも終わり??

女性は平均的には50歳前後で閉経を向かえると言われていますが

これはエストロゲンの減少によるもので

排卵自体がとまりそれ以降妊娠する可能性はほぼなくなります。

なぜ人類だけが閉経が起こるのかは諸説あります。

  • 人類の幼児は独り立ちまでまで他の動物に比べて長期の保育をようするために子育てが可能な時期に妊娠をやめると言う説。
  • もともとは人類は50歳までは生きられなかった。そこで余分なことはしないように設計されている説
  • 排卵をやめることで娘の生殖のライバルにならないように配慮しかつ育児を手伝う役割を担い自分の子孫の繁栄を図る説
  • 神様がそれまでの妊娠出産育児の苦労をねぎらって自由な時間を与えた説
  • ETC・・・・・・

と様々考えられています。

しかし、確実なことは女性は閉経で妊娠することを停止しても

女そのものをやめるわけではないということです。

寧ろ、妊娠のリスクから解放された数多くの女性はその後、

ますます性欲を高め快楽に専念するとも言われています。

実際、直ぐには低下しないテストステロンの相対的な比率は上がり、

エストロゲンの減少とともに女性の性欲は上昇します。

女性自体の性質もより男性的になって

セックスに対して直線的な欲望を表してきます。

50代の女性は特にまだまだ女の炎を燃やし続けます。

ある研究によると閉経後は卵巣の活動が低下するために、

性欲を抑える黄体ホルモン(プロゲステロン)も低下して男性ホルモンのテストステロンが

暴走するケースが多々あり、閉経後12~3年間が女性の最大性欲を示すとも言われています。

そのまま燃え上がったまま60代でも益々セックスを満喫されている女性も多いようです。

50代、60代の女性をもう女ではないと扱うことは我々男子の

一方的な思い込みなのです。

閉経しても女は終わらない。

このことは忘れてはパートナーが辛い思いをします。

女性はそれがなかなか口に出せいないのです。

|閉経後のセックス

一般的には女性ホルモンエストロゲンの低下によって

膣壁は薄くなって全体が縮小して愛液の分泌も少なくなり膣は乾燥傾向になります。

また大陰唇や小陰唇などの外性器も萎縮していき、薄く小さくなります。

外陰部の盛り上がりが減少してクッション性が減退します。

女性によっては性交時痛みを伴ってセックス自体を拒絶することも多いようです。

この痛みは外陰部の盛り上がりが減ったために

ピストン運動などで骨同士がぶつかる痛みと

膣の縮小乾燥によるペニスとの摩擦によります。

しかし、閉経以前から男性からしっかり愛されて快楽を楽しんでいる女性は

閉経後もこの更年期の苦痛は緩やかに進みます。

性ホルモンンもしっかり刺激されているからです。

寧ろ解放感からますます感じやすくなって濡れまくる女性も多くいます。

|50過ぎてのセックスは苦痛になるの男次第

50代はまだまだ濡れるし感じると思って大丈夫です。

ただし、日ごろから旦那さんや恋人に適当なセックスしかしてもらえずに過ごし

オーガズムの真の喜びを知らない女性は

閉経を理由にセックスを拒絶することが多いようです。

一方オーガズムの喜びを充分知りつくした女性は閉経後の性交痛よりは

寧ろ残り少ない女の快楽を貪る傾向が強くなります。

またセックスによる刺激によって女性らしさは長く保たれることは事実ですが、

女性によってはそれまでどんなに感じていた人でも

体質的に全くセックスを受け付けなくなる人もいますので配慮するする必要があります。

女性が生涯セックスを楽しめるかどうかは男性の気遣いと愛情に

大きく関わってきます。

|閉経後の配慮のセックス

いずれにしろセックス時の愛撫や挿入に

気を使い女性に性交痛を与えないようにしてください。

潤滑ゼリー・ラブザリーなども必ず用意をしましょう。

指などの挿入での膣への激しい刺激は女性に十分配慮して

苦痛を感じてないかしっかり見極めて行いましょう。

もし、潤滑ゼリーなどを使っても女性が痛みの表情を見せるときは

女性としっかり相談して産婦人科などで

膣座薬(プロゲストロン)などを処方してもらったり

膣エストロゲンなどでエストロゲン補充治療などを行うことも効果的です。

|継続的にセックスする

閉経後には一旦セックスが途絶えると

バギナは収縮してしまい、間を空けたセックスは極めて女性にとっては苦痛になります。

従って老いらくの性は継続的に行うことが大切です。

思い出したような年に数回のセックスでは女性にとってはけっして喜ばしいものでは

ありません。

せめて月に2~3回はお情けをあげてください。

病気などでやむを得ずセックスに時間が開いた時はローションなどをたっぷり使て

時間をかけた無理のないセックスを心がけけてください。

最初は指を1本だけ入れて終わるくらいの気持ちで行ってください。

|充分前戯愛撫する

しかし、閉経を向かえた女性とのセックスで一番大切なことは

女性への愛撫にこれまで以上にしっかり時間をかけて

バギナを充分に濡らしてあげることだと思います。

女性は年齢とともに次第に興奮するまで時間が必要になって

次第に濡れにくくなっていきます。

決してそこで短気を起こしてせっかちな挿入は絶対にNGです。

|閉経後の生だし・中だし

女性の閉経後は是非、生だし・中出しを積極的に行ってください。

男性の精液に含まれる多くの性ホルモンは女性の更年期生涯を緩和してくれるだけでなく

女性の体と心の若さを保ち愛情も深めてくれます。

女性は膣内で直接放出される精液の感触に大きな快感を覚えます。

閉経を向かえてようやく何の心配もなくその感触を楽しめるようになったのです。

ご褒美はたくさんあげてください。

ただし、閉経したと思っても1年くらいは

まだ妊娠する可能性があるので注意が必要です。

女性によっては生理排卵がチョロチョロ続く人もいますので。

(参照;精液


(出会えるお薦めサイト)

ネット出会いの極意はじっくり相手を見つける定額会員サイトと 速効でH出来るポイントサイトを2つ登録しておくことで確率は高まります。
*安心の定額会員出会いサイトBEST3(18禁) 
  1. 1.ラブサーチ
  2. 2.大人の出会いfrom40
  3. 3.ドリームリアライズ
お勧め1位のラブサーチは使用料が定額制だからじっくり恋人・不倫相手が探せます
*刺激的なポイント制出会いサイトBEST2(18禁)
    1. 1.ハッピーメール
    2. 2.ワクワクメール
ポイント制サイトは即Hも可能です。 最初は無料登録でじっくり自分に合った出会いサイトを探しましょう。

(スポンサーリンク)
ハッピーメールバナー

(18禁)ハッピーメールはポイント制で一番のお勧めです


多少役に立ったらシェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローは励みになります