人類の男女関係の変化

サイト内検索

人類の男女関係や恋愛感情は農業や牧畜などの開始による人類の安定的食料確保と

経済の発展によって大きく変動してゆきます。

ある意味ではお金によって男女関係や愛情関係も変動してきたのです。

愛は不変で永遠でなかったのです。

(スポンサーリンク)
ハッピーメールバナー

ポイント制のお勧め出会いサイトはハッピーメール!

|農耕による文明の発祥による社会変化

現在の直接の人類の祖先はおよそ10万年前にアフリカで発生し、世界各地に散らばっていきました。

そしておおよそ一万年前に農耕を始め徐々に狩猟採取の生活から

農業と畜産・牧畜を中心の定住生活に変遷していきました。

そしてご存知のようにメソポタミア、エジプト、インド、中国などで文明が発祥したのでした。

この農業と牧畜の生活は人間社会に大きな変化をもたらしました。

それまでその日暮らしの狩猟採取の平等であった社会に経済と言う概念が生まれました。

狩猟採取の時代は食糧は保管が難しく捕れたものを皆で分かち合って

数日で食べて過ごしてました。

極めて平和な社会でした。

しかし、作物や家畜は蓄財できてそこに財産と言う考えが生まれたのです。

農業や牧畜に必要な土地はその中心となりました。

豊饒な土地をめぐっての人間同士が土地を争い、部族間の土地の争奪戦は

その家族、部族の運命を大きく左右するものでした。

そこには富める者と富まざるものが生まれやがて王が誕生していきます。

|農業・牧畜発生による男女関係の変化

そこで部族間や家族間、人間同士に関係に大きな変化を

もたらしただけではありません。

男と女の性的な関係にも大変革をもたらしたのです。

力と能力を持つ男子は土地や家畜を多数所有するようになっていきます。

守るべき土地や家畜、食糧などの財産は継承していくことが重要な要素になります。

そこで生まれたのが相続と言う考えです。

相続は部族間、家族間、そして親子間で行われるようになっていき、

そこで重んじられたのが自分の嫡子であるかどうかです。

男性は生まれた子供の父性が最大の関心ごとになります。

それまで言わばフリーセックス状態で子供が自らの子供であることは

あまり問題になることではありませんでした。

そこでは一族の生存がこそが第一義であり集団的に母系家族で子育ては

集団的に行われ、男性も全ての子供に分け隔てない愛情を注いでいました。

それが個人の財産という概念が生まれて一変したのです。

|女性の所有化

男たちは女たちを他の男たちから守らなくては

己の遺伝子の正当性を確保できないことになります。

そこで起こった現象が女性の監視と所有化です。

女性を常にある意味手元で監視する必要が生じました。

それは男性のみならず家族や一族においても非常に重大な事柄になっていきます。

女たちは婚姻と言う名のもとに男たち・一族の言わば財産となったのです。

正嫡子を産む為の生産ツールとしての資産としてみなされていきます。

男たちは女性に貞節をもとめ服従させていきました。

農業や畜産は集約労働でもあります。

女たちはまた働き手を生みだすマシーンにもなったのです。


*悪魔が教える出会いサイト攻略法はこちら→(出会いサイト攻略法

それまでの女性が中心であり、自由な性を謳歌していた男女平等の乱婚時代から

女性の地位は大きく変化し、貞淑な妻として大きな労働力ともなり男に束縛され、

所有されていったのです。

女性は文明によって人間らさというなのもとに節度ある行動を強いられ

男たちの理屈による慎みや奥ゆかしさが求められていきました。

そして女性たち自身も貞操という観念を女性に求めていきます。

同性の若い女性に対する嫉妬心から年配の女性は自らが

女性を束縛していきます。

|したたかな女の性

しかし、女たちは単なる奴隷で甘んじることはなくその性を武器に

男たちを翻弄し、家庭のなかから男達を支配していったことでしょう。

常に男たちは女たちの性欲と不貞に脅かされていたはずです。

女たちの本来の狩猟採取の時代から性本能は

決して消え去ることはなかったはずです。

隙あれば快楽を享楽し本能が要求する遺伝子を自らの子孫の

DNAに取り込んでいったのでした。

どの文明社会も女性の不義密通は重罪を課しています。

男たちの恐れです。

種を出来るだけ広くばら撒くことが男の本能とするなら、

優秀な品種の様々な種を畑で育てたいと願うのが女の本能です。

それは現代におけるポートフォリオの分散投資の考えと一緒です。

|人類の性の謳歌

食糧の安定的な確保は即ち、人類のエネルギーの確保を意味します。

栄養は生殖能力を高め、多くの人を養うことが出来るようになり、

人類はますますセックスに励んだことでしょう。

食糧の余裕は恋愛と言う概念を人々の心の中に生み出させました。

時間と栄養の余裕から生じた人類のエネルギーは芸術と恋に向かったのです。

もてるものは多くの女を所有し、もたらざる者は生殖の機会が低下しました。

ある意味では一夫多妻の形態も出現しました。

力ある男たちは妻のほかに複数の女を囲い子孫を残すことに励んだのです。

これは現代の社会そのもです。

|現代社会における性のジレンマの発生

このような状況下で女たちはやはり性を武器に男たちをコントロールし、

翻弄し続けていきます。

したたかに生きていったのです。

そして女たちを所有したはずの男たちは社会が豊かになればなるほど

経済的な余裕をもたらし、女たちの自立を促しました。

現代ではその立場は逆転しつつあります。

西洋文明がもたらした一夫一妻制に女たちは反逆し、

むしろ狩猟採取時代の乱婚時代に戻りつつ感があることは

我々男たちは喜ぶべきか悲しむべきかどちらなのでしょうか?

快楽を謳歌する女たちの目覚めは少子化への道を社会を引きづり込みつつあります。

この性のパラドックスは文明の崩壊につながるアンチテーゼでもあります。

NEXT:結婚・一夫一妻制は人間の本質か?


(出会えるお薦めサイト)

ネット出会いの極意はじっくり相手を見つける定額会員サイトと 速効でH出来るポイントサイトを2つ登録しておくことで確率は高まります
*安心の定額会員出会いサイトBEST3(18禁) 
  1. 1.ラブサーチ
  2. 2.大人の出会いfrom40
  3. 3.ドリームリアライズ
お勧め1位のラブサーチは使用料が定額制だからじっくり恋人・不倫相手が探せます
*刺激的なポイント制出会いサイトの一押し!(18禁)
    1. ハッピーメール
ポイント制サイトは即Hも可能です。 最初は無料登録でじっくり自分に合うか試してください。

ハッピーメールバナー

多少役に立ったらシェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローは励みになります