セックスの相性:性癖

サイト内検索

性的な相性にはその人のセックスにおける嗜好性やセックススタイル(性癖)が、

大いに関わってきます。

これは遺伝子の相性の次に男女間においては重要な要素になります。

その趣味嗜好が強烈な個人によってはむしろ遺伝子の相性以上に

優先されるべき問題かもしれません。

ヘテロ(異性愛主義)男女においては次の性的な傾向の3要素が大きな影響を及ぼします。

  • セックスそのものへの嗜好
  • 肉体的エロスの好み
  • セックスプレイの嗜好

(スポンサーリンク)
ハッピーメールバナー

ポイント制のお勧め出会いサイトはハッピーメール!

|セックス好きかどうか?

最優先の相手との相性はこれはズバリ、セックスが好きか嫌いかの問題になります。

お互いがセックス自体への関心や興味を強く抱いているかはどうか

もしくは性欲が強いか弱いかは実に重要です。

セックスへの拘りが強烈な男性が余りセックスに関心を持たない女性と交際しても

その関係は長期的になることはありません。

また性欲が異常に強い女性が性的な能力に欠ける男性と

結婚してもその女性は不幸な日々を過すことになってしまいます。

性的な探求心が旺盛で奥さんが余りその要求に応じない場合は

男性は奥さん以外の女性を求めることになります。

お互いが両方がセックスが大好きであるカップルか

セックスが好きでないカップルが相性はいいのです。

|性ホルモンがセックス好きを決める

セックスが好きかどうかは性欲が強いかどうかと快感が大きくどうかにかかわります。

性欲の強さは男女とも男性ホルモンであるテストステロンによって影響されます。

また女性ではエストロゲンの分泌が性感度を高めますので、

女性ホルモンが豊富な女性は快感も深くなりセックスに大きな喜びを見出すことになります。

性欲が強いもの同士の結婚は日々セックスに没頭してエロスを楽しみつくすでしょうが、

性欲が強い人とセックス嫌いの人の結婚はお互いにとって不幸となるでしょう。

|必ずお試しセックスを行う

セックスが好きか、性欲が強いかどうかは、

男女の恋人関係や婚姻関係の維持に非常に大切な事柄であることは間違いありません。

注意すべきは若い段階では男性は女性のセックス嫌いに余り気づくことが

あまりないようです。

交際後、結婚して暫くしてから気づくようです。

何故なら女性は当初、嫌われたくない一心で男性の性的な要求に応えようとしますが、

結婚後はやがて次第に男性のセックスを拒絶するのが普通だからです。

不幸にもセックス嫌いの女性と結婚した男子は

奥さん以外にセックス好きな女を探すかAVでオナニーをし続けるしか手はありません。

従って女性との結婚の決断は性的な欲望の相性があっているか、

じっくり同棲などのお試し期間で相手を見極める必要があります。

普通の男性はセックスが嫌いな女性は選ばないことです。

ごく一般的な女性は基本的にはセックスが好きです。

男性に抱かれることが女性の最大の興味ですが、

そうでもないケースはよくありますので、注意です。

|セックス嫌いの女は選ばない

セックス時、相手が演技でイヤイヤ、セックスしていないかじっくり観察することです。

もし現在、セックスになかなか応じてくれないセックス嫌いの女性と交際している場合は

すぐに分かれて別のセックス好きの女性とチェンジすることをお勧めします。

けっしてその女性はこれからセックスに気軽に応じてくれることはないでしょう。

確かに結婚するまでセックスは許さないという古風な女は存在しますが、

かなり高い確率でセックスへの偏見を持っていると考えられます。

その女性と結婚などしたらあなたは日々オナニー人生を送ることになってしまいます。

一度は必ず試してください。

結婚するならある程度のセックス期間を経てのちに決断することをお勧めします。

さて最悪は不感症の女性ですが、その手の女性はセックスに

何らの価値や喜びを見いだせていません。

精神的な要素や、体験的要素、肉体的な要素が絡んできています。


*悪魔が教える出会いサイト攻略法はこちら→(出会いサイト攻略法

重症の女性とは別れることも選択肢の一つです。

詳しいことは以下の記事をお読みください。

不感症女女がオーガズムを迎える条件

子の性典を読んでいる方はセックス好きであることでしょうから、

彼女や奥さんにするならセックスが好きな女性を選んでください。

セックス好きは普通の女の姿です。

|肉体エロスの嗜好

遺伝的な要素による肉体的な好みとかなり重複しますが、

男性の女性のビジュアル的なエロスの拘りです。

例えば、乳房への執着ですが、生物学的には通常は男性は豊満な乳房を好みます。

しかし、個人によっては一概にその傾向ばかりではありません。

少数派ですが、貧乳にしか性的な興奮を覚えない人もいます。

これはこれまでの環境や教育、体験などによって、

その人に特有に個別的に形成されてくる要素です。

いわばその男性の性の美意識ともいえるものです。

その人間が特有に興奮するエロスは様々であるのです。

肥満体形の女性が好きな男性、ガリガリの痩せ女にしか欲情しない人など

千差万別です。

この肉体的な女性のビジュアル要素は男性にとってはかなり重要です。

その女性の肉体的な好みのエロさによっては男性の興奮は継続して

飽くることなく長期の性愛が成立するでしょう。

反対に全く好みでない体の女性とのセックスはまるで喜び少なき行為になってしまい、

すぐにその女性への興味を失わせます。

視覚的な女性の肉体の形状の好き嫌いは男の愛には大きな役割を占めています。

従って自分の好みのタイプの女性を、しっかり認識して追い求めましょう。

自分の好きな体の女をゲットすることにこだわり続けましょう。

まさにすべての自分の趣味に即した女体を味わう喜びは最上の天界のエクスタシーです。

|セックスプレイの嗜好性の相性

これは正常位一辺倒のノーマルセックス愛好家には、

あまり左右される問題ではありませんが、

特有のセックススタイルを有する人には大きなセックスの相性要素になります。

例えば多くの場合はセックスでは男性がリードすることを好みますが、

女性の少なからずの人は自分がセックスの主導を取りたいと思ってます。

二人ともリードが好きなカップルのセックスでは

どちらかが我慢して不満を抱くことになります。

これでは関係は長く続きません。

また典型的な例ではSM趣味が挙げられます。

さすがにお互いがS同士が恋人同士になることはないでしょうが、

男性が強いS願望を抱き、やがて恋人なり奥さんなりにトライするときに、

それを受け止めてもらえるかどうかが大きな問題になります。

女性がかなりM女性の場合はお互い非常にハッピーなセックスライフとなるのですが、

そうでないこともよくあることです。

結局その欲望は他の女性で解消せざるを得ないか、じっと我慢の子でいるしかありません。

これは性的な相性の不一致であり、性的な不幸と言えます。

セックスプレイの趣味は多岐に渡ります。

アナルセックス、露出プレイ、コスプレなど書き出すにきりがない位に様々です。

これらのプレイは男性が最初に目覚めて女性を調教するパターンが多いかと思いますが、

少なくても女性が受け入れてくる素因を有しているかに左右されます。

セックスプレイの相性も特有な趣味を持っている場合は

しっかり考慮して相手を選びましょう。

このように女の好みはセックスにおいては非常に重要です。

好みの女を抱くことこそ恋とセックスの喜びがあるのです。


(出会えるお薦めサイト)

ネット出会いの極意はじっくり相手を見つける定額会員サイトと 速効でH出来るポイントサイトを2つ登録しておくことで確率は高まります
*安心の定額会員出会いサイトBEST3(18禁) 
  1. 1.ラブサーチ
  2. 2.大人の出会いfrom40
  3. 3.ドリームリアライズ
お勧め1位のラブサーチは使用料が定額制だからじっくり恋人・不倫相手が探せます
*刺激的なポイント制出会いサイトBEST2(18禁)
    1. 1.ハッピーメール
    2. 2.ワクワクメール
ポイント制サイトは即Hも可能です。 最初は無料登録でじっくり自分に合った出会いサイトを探しましょう。

ハッピーメールバナー

多少役に立ったらシェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローは励みになります