女との愛情を深めるスキンシップ理論

サイト内検索

女性の男性に対する好意は肌と肌の接触の頻度に比例して増してゆくと言われています。

男性に女性はどれくるどのようにどこを触られたかで愛情度が変化してゆきます。

それはスキンシップの法則(女の愛情度公式)として表すことが出来ます。

女性の愛情度=タッチ数×時間×タッチ場所×タッチ手段

(スポンサーリンク)
ハッピーメールバナー

ポイント制のお勧め出会いサイトはハッピーメール!

|第二恋愛セックス公式の意味するところ

上記の女性愛情度公式のそれぞれの要素は下記を意味しています。

タッチ数と男性が女性を触る回数です。

時間とはどれほど長く触っていたかです。

タッチ場所とは接触する女性のパーツです。

肩や腕、手などのパーツを意味してその数値はより性感度高いほど高まります。

肩よりは唇、唇よりは乳房、乳房よりはクリトリスが数値は高くなり、

バギナが最高評価値になります。

タッチ手段とは男性側が体のどこを使って女性に接触したかです。

手よりは唇、唇よりは舌、舌よりはペニスと言いた具合にその数値は高まります。

このスキンシップの公式は女性の男性に抱く愛情は、

触られた回数と時間が長いほど深まり

それはより性的な身体のパーツであればあるほど増していくと

言うことを意味しています。

つまり

女は触れば触わるほ惚れてきて

抱けば抱くほど離れなくなる

と第二の恋愛セックス原理を表しています。

|恋愛初期のスキンシップ

女性との関係で恋愛関係にまだ至っていない段階で

このスキンシップ理論を応用することで女性に愛情を抱かせてゆくことができます。

女性へのタッチ場所やタッチ手段は性的な進展をしていないために

手や肩などになるはずです。

またこの段階で女性の性的なパーツに触れることはNGです。

そこで女性との会話ではさり気なく女性の肩や手に

スキンシップ・接触することで女性の心を恋愛モードにすることを狙います。

心理学的にさり気ない肌の触れ合いは相手を意識し、

次第に愛着を抱くようになることがよく知られています。

ただ会話するよりは決して厭らしいない形で

自然に相手に接触することは非常に有効なのです。

逆に言えば女性とのスキンシップを計らない限り

女性との関係は進展しないことを意味しています。

女性は皮膚感覚が非常に敏感に出来ていて、

男性のちょっとした接触でも心理的な動揺を起こします。

恋愛はまずは相手の心に波立てて平常心を乱すことから始まります。

|恋愛進行中の肌の接触頻度と女性の愛情度

一般的には女性はキスを交わせば交わすほど、

そしてセックスを重ねれば重ねるほど

相手の男性に深く愛情を抱くようになります。

有り体に言えばペニスを長時間バギナに挿入すればするほど

女性はその男性を好きになってゆくことを意味します。

従って狙った女性を自分に夢中にさせるには

肌と肌の接触を出来る限り増やし、セックスの回数と時間をかけることです。

女は抱かれれば抱かれるほど男に惚れてゆきますが、

ただし、しっかりオーガズムを感じさせてあげることが条件です。

男性の下手くそなセックスは最初は許してくれても

最後は本当の快楽を求めて他の男に走るのが女の常です。

男性は女性の習性とは真逆で抱けば抱くほど次第にその女性に飽きてゆきます。

男と女の大きなすれ違いの一つです。

|なぜスキンシップ公式が成り立つのか

これは女性ホルモンであるエストロゲンと愛情ホルモンのオキシトシン

影響であると考えられます。

女性ホルモンであるエストロゲンは受身のホルモンで有り、

愛されることに快感を生みだすホルモンです。

またこのホルモンは女性の皮膚感覚を敏感にして性感神経を発達させます。

女性は男性に触られることで気持ちよくなるように作られています。


*悪魔が教える出会いサイト攻略法はこちら→(出会いサイト攻略法

従って基本的には男性に触られることを本能的に求めるように出来ています。

その為に触ってくれる男性を好きになるように精神構造的に組み立てられているのです。

また愛情ホルモンのオキシトシンは元々は授乳ホルモンとしての役割が大きいのですが、

肌の触れ合いが増せば増すほど分泌が促進されて

触れ合った相手に愛情抱くようになる性質があります。

女性が幼児などとの頻繁な接触に対しての自然が与えた報酬です。

オキシトシンは肌同士の触れ合いに喜びを感じ、相手に特定の愛情抱かせるホルモンです。

オキシトシンホルモンは男性からの肌の接触でも活性化されて分量を増やします。

オーガズムでも一気に分泌されます。

つまり女性は男性と触れあえば触れ合うほど喜びを覚えて、

更に相手への愛情を増すのです。

そして感じれば感じるほど大いに分泌されて更に喜びと愛情が強化されるのです。

実はオキシトシンは男性も有するホルモンです。

男性もスキンシップが増えれば増えるほど相手にたいして愛着と親しみを感じます。

しかし、男性はオキシトシンを女性の40%程度しか分泌しません。

女性はオキシトシンによる作用を男性より強固にうける体質であり

オキシトシン・エストロゲンなどのホルモン作用によって

スキンシップ効果が強く出て相手に深い愛情を抱いてくるという結果になるのです。

|スキンシップ効果を勘違いしない!

確かに

女を触れば触るほど親しくなり

セックスを重なれば重ねるほど惚れてくる

は一つの女性の恋愛行動の一面を表していますが、

このまま受け止めては全くNGです。

この公式が成立するには一定の前提があります。

それは

女性が生理的にその男を嫌いでない!!

ことです。

女性は遺伝的な免疫の適性を本能的に察知して

遺伝的に相性がマイナスな男性には 嫌悪感を覚えます。

それが特定の男性を

生理的に無理

と言う現象です。

これは女性が一度そう判断したら覆ることはありません。

この女性の性的嫌悪現象を無視して

女は触れば何とかなると思い込んでタッチし続けると

女性は益々相手に対する嫌悪感が増幅されて最終的にセクハラと判断されます。

この女性が自分を生理的に拒んでないかどうかを

相手に迫る初期段階で

しっかり判断しなくてはなりません。

女性は受け付けない男性には少しでも触られただけでも

不快な表情を見せ、体を反らし触られることを避けようとします。

しっかり女性の反応を観察しながらタッチを行わなくてはなりません。

これを勘違いした男性が如何に女性でしくじったかは

周囲を見回せばいくらでも例を探すことが出来ることと思います。

|スキンシップのステップを飛ばさない!

もう一つの男性の大いなる感違いは女性はより感じるところを触れば喜ぶと思い込んで、

いきなりオッパイやお尻を触ってしまうことです。

女性とのスキンシップは必ず段階を踏む必要があります。

軽い接触からは入って甘いキスを交わし合って

それから初めて乳房やお尻にタッチを進めるのです。

ましてやいきなり股間に手を入れることなどは論外です。

女性に訴えられこともあるのでご注意ください。

触ってゆく段取りのスピードを早めることは可能でも

触る順番を一気に越えることはNGです。

女性はロマンチックな気分にしたって始めて微妙なパーツである

性感ポイントへの接触を許してくれるのです。

これもせっかちで不器用な男性が勘違いしてしまう女性への接触の一つです。

|スキンシップの法則のまとめ

  • 女性は触られることで相手への愛情を感じるようになる
  • 女性は抱かれれば抱かれるほど相手にのめり込む
  • 女性の愛情度は以下の公式で表せる
    •  愛情度=タッチ数×時間×場所×手段
  • 恋愛初期では接触を増やすことで女性を好きにさせられる
  • 恋愛中はキス・セックスの回数を増やすことで女性の愛情を増すことが出来る
  • しかし、女性はオーガズムのないセックスでは男を見限る
  • スキンシップの量が愛情を増やす理論は女性がその男を受け入れていることが前提である
  • 女性は生理的に嫌いな男を受けいることはない
  • 無理にスキンシップを行えば逆効果になる
  • スキンシップの進行は段取りを踏む必要がある


(出会えるお薦めサイト)

ネット出会いの極意はじっくり相手を見つける定額会員サイトと 速効でH出来るポイントサイトを2つ登録しておくことで確率は高まります
*安心の定額会員出会いサイトBEST3(18禁) 
  1. 1.ラブサーチ
  2. 2.大人の出会いfrom40
  3. 3.ドリームリアライズ
お勧め1位のラブサーチは使用料が定額制だからじっくり恋人・不倫相手が探せます
*刺激的なポイント制出会いサイトの一押し!(18禁)
    1. ハッピーメール
ポイント制サイトは即Hも可能です。 最初は無料登録でじっくり自分に合うか試してください。

ハッピーメールバナー

多少役に立ったらシェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローは励みになります