年齢とセックスの相性

サイト内検索

*悪魔が教える出会いサイト攻略法はこちら→(悪魔の出会い
 

男女のセックスの相性は時とともに変化してゆきます。

現在、性的な相性がまるで合わない相手でも時間とともにフィットすることは良くあります。

また現在、性的に合いすぎるくらいにお互いのセックスに満足しているカップルでも

時を経ることで相性がまるで合わなくなることも起きてきます。

男女の性的な相性は時間とともに変化してゆくのです。

(スポンサーリンク)

そこでクラチャイダムを飲んで試してみました(悪魔のクラチャイダム体験記

|男女の年齢におけるホルモン変化

女性のセックスは主にエストロゲンに支配され、

男性にセックスはテストステロンによってコントロールされています。

特に女性においては複数の性ホルモンに大きく左右され、心も体も大きく左右されて

セックスと恋愛は劇的な変動を見せていきます。

一方、男性はテストステロンによる単純な支配であり、

性的な変動も安定します。

esutoroge

女性の性ホルモンのメインであるエストロゲンは上の図のように

10代後半で劇的に増え、40歳を過ぎると大幅に減少します。

この間、20年ほどが女性の生殖適正時期になります。

性欲も性的なパフォーマンスも高い期間です。

テストステロン

一方男性はテストステロン値が20歳をピークに劇的に増えて

そのご緩やかに減少していき、40歳には半減しますが、

生涯体内分泌は続き、性欲は少なからず維持されます。

|男女の年齢と性欲とオーガズム

男性は一気に20歳をピークにテストステロン値は高まり、性欲は絶頂になります。

10代後半から30代前半は性欲に悩ませられる時代です。

一方女性は性欲ホルモンのテストステロン値は10代後半~20歳前半でピークを迎え、

性欲も強まりますが、

まだエストロゲンは十分な分量が分泌されていません。

その為、20代前半では女性の体としてはまだ完成していない時期になります。

女性のエストロゲンのピークは30歳前後になります。

このころにようやく女性の生殖器官は成熟します。

テストステロンはクリトリスの性感を高めて

10代後半から20歳前後の女性の性感を高めますが、

まだ膣などでの本当の女性のオーガズムには至りません。

やがて25歳を過ぎるとテストステロンよりエストロゲンが優位になり

女性は生殖本位の行動を取るようになります。

つまり、性欲より子育するにふさわしいパートナーを求めるようになるのです。

女性はセックスに慎重になり、頼るに足る結婚相手を求めるようになります。

20代後半から30代前半はエストロゲンが優位になるために

衝動的な性欲も収まり、バギナオーガズムもまだ体験しません。

女性の膣でのオーガズムは開発型であり、じっくり体の熟成と経験が必要になります。

女性が中イキを覚えるのは多くは30代後半から40代前半にかけてになります。

またエストロゲンが大きく低下する40歳前後には

テストステロンの低下が緩やかであるために

相対的にエストロゲンに比べてテストステロン値の比率が高まるために

女性は強い性欲を覚えるようになります。

|男女の性欲のずれ

このように同じ年の男女がカップルの場合は性欲と性感において大きな差異が

自然に生じてきます。

これが年齢が近い夫婦間のセックスのすれ違い現象です。

男性が性欲が盛んな20代から30代前半の時期には

女性は子育てに気を取られることもあって

性欲は低調で真の快感も感じていません。

やがて女性が40歳前後になると強烈な性欲が襲ってきます。

しかし、男性の同じ女に飽きるという男性の習性と

テストステロンが半減する時期にも重なって妻とのセックスに情熱がなくなり、

おざなりなセックスしかしません。

(参照:クーリッジ効果

女性は欲求不満のまま40代を過ごし、

やがて更年期を迎えてセックスに興味をなくしてゆきます。

一方男性はテストステロンは相変わらず分泌されて性欲は維持されます。

ペニスもほかの女性にはしっかり勃起するので、ついつい若い女性を求めます。

年齢の近い男女が共にオーガズムを楽しむことはほとんどなく、

性的な相性が合うことはまるでないと現象が沢山起きています。

これは構造的な性の不一致と言わざるといえません。

本人たちが意識することのない状態でセックスの相性不一致を引き起こしているのです。

現代日本の大きな男女問題になっています。

|女は35歳過ぎたら口説いてみる

女性のホルモンの大きな変化においては我々、好色魔族達には大きなチャンスが到来します。

多くの世の女たちは35歳から40歳前後に向けて性欲は高まれども

相手にされずの現象が起きてます。

事実、浮気する女性たちの多くはこの年齢にさしかかた時です。

また若いときに一度口説いて振られた女性でも35歳を過ぎると

性欲優性の体質に変わってきています。

以前は性的な相性が合わなくてもこの年齢になって女性もセックスに開眼して

相性がピッタリ合ってお互い楽しむことも良くあります。

若いころあまりセックスして楽しくなかった女性も35歳を過ぎると

美味しくなってセックスもピッタリ合ったりします。

|人生2度結婚説

この男女の相性の時間による段差を解消するために

ある有名なノーベル賞作家が唱えた提案です。

人生2度結婚することでこの問題が解決できるというのです。

男女とも若い20歳前後で人はまず40歳前後の相手と結婚して、

40歳前後でその相手とは離婚して20歳前後のパートナーと結婚する方法です。

若い男性は20歳前後では精力だけは十分持っていますが、

お金はありません。

そこで40歳の性欲盛んな熟女にセックスを提供して生活の面倒見てもらいます。

40歳になって実力が付いたら今度は20歳前後の若い女性と結婚して

経済的に支えます。

20代の女性はまだ本格的な快楽の味を知らないために

性的な要求は激しくなく求めるのは添え寝が主体です。

週1~2くらいのセックスで男性は若い肌をたっぷり堪能します。

これで老年期までしっかりセックスを日々欠かすことなく幸せな人生が送れるというのです。

問題は自分が60歳で相手が40歳になったときですが、

相手が望むならそのまま婚姻関係を続けてもいいでしょう。

相手が離婚を望むときは60歳で一人になって残りの人生を楽しむか、

同じ年の相手とセックスなしの結婚をするのです。

これが人生2度結婚説ですが、

セックスレス人生よりはずっと充実するのかもしれません。

何となく納得してしまいます。

|年齢によるセックス相性の維持手段

上記の提案は特定の人には有効かもしれませんが、

よく考えるとあまり現実的ではないでしょう。

実現可能な性的な年齢の相性を一致させる手段です。

男女間がセックスレスになる原因は上に述べてように主に男性側にあるといわれています。

男性の性力低下

女性の体への飽き

です。

夫婦間のセックスレスはこの二つが相乗効果的に引き起こしている問題です。

それらを鑑みての有効な解決策は考察してみました。

  1. セックス好きな女性を選ぶ
  2. 一回り以上離れた年下女性を選ぶ

その理由は以下の通りになります。

|セックス好きな女を選ぶ

若いときからセックスが大好きでおまけに肉体的にもあなた好みの女性を選択するのです。

お互い日々、性の深淵な喜びの探求に勤しみます。

セックスは追求すればするほど奥深くなってゆきます。

二人で様々なセックスプレイーも研究しその奥義を極めていきます。

スワッピングなどは特にお互いのマンネリを防いでくれるプレイーになります。

積極的に参加することもいい効果を生むようです。

お互いにセックスを2人で手を取り合って極めつくすのです。

実際にこのようなカップルも多く存在して、飽くことないセックスを楽しんでいます。

お互い許し合ってこそ真にセックスの相性が一致するのです。

|12歳以上離れた年下の女性を選ぶ

一般的には12歳以上離れていると男性がシンドイというのが定説です。

しかし、年が離れている女性のほうがほうが男性もしっかり努力して

いい関係が続きます。

出来れば20歳くらい離れていてもいい位です。

この場合は余り最初から性欲が強いセックス好きな女性は避けたほうがいいかもしれません。

20代のまだオーガズムも良く知らない女性をゲットして

女体を開発する喜びを堪能します。

男性のそれまで培ったセックスの技で女性をオーガズムに導てあげます。

女性も開発されていく自分の性感に歓喜してゆきます。

男性は精神的にも肉体的にも精力的にも日々努力して

自分を作り上げて維持していくことが要求されます。

男性の男としてのポテンシャルは上がり、魅力的な男であり続けるでしょう。

女性も生涯、性的に満足できる日々を送ることが出来るのです。

|若い愛人をゲットする

男性が愛人を求めるなら12~20歳くらい離れている女性をターゲットにしてください。

若い女性の肉体は男を蘇らせてくれます。

お金に余裕がある方は60代で20歳の女性も夢ではありません。

そのくらい離れていたほうがセックスの相性やニーズは丁度合うはずです。

男性は若い肌を味わい、エネルギーを与えられます。

女性は若い男性にはないベテランのセックステクニックでオーガズムの開発が進みます。

一時的ですが大きく離れた下の女性のほうが性的な相性は合う時期があることは

覚えておいてください。

しかし、若い愛人女性との関係は長期はあまり期待しないほうが賢明です。

チャンスがあれば是非。若い愛人を捕獲することお勧めです。

今のパトナーとの性的な相性を維持させるには

愛人などの別の女性とのセックスでマンネリを防ぐことが一番かもしれません。


(精力に不安を感じて来た人へ)

中年期からのED/勃起不全の救世主と言われるクラチャイダムは感動的に効果ありました。クラチャイダムの試飲体験記はこちらです。

(出会えるお薦めサイト)

ネット出会いの極意はじっくり相手を見つける定額会員サイトと 速効でH出来るポイントサイトを2つ登録しておくことです
*刺激的なポイント制出会いサイトBEST3(18禁)
    1. 1.ハッピーメール
    2. 2.ワクワクメール
    3. 3.ミントC!Jメール
ポイント制サイトは即Hも可能です。 最初は無料登録でじっくり自分に合った出会いサイトを探しましょう。

ハッピーメールバナー

(18禁)ハッピーメールはポイント制で一番のお勧めです


*安心の定額会員出会いサイトBEST3(18禁) 
  1. 1.ラブサーチ
  2. 2.大人の出会いfrom40
  3. 3.ドリームリアライズ
お勧め1位のラブサーチは使用料が定額制だからじっくり恋人・不倫相手が探せます


多少役に立ったらシェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローは励みになります