恋愛で性格の相性が合うとはどういうことか?

サイト内検索

男と女がこの世に存在する意義は性質の違うもの同士が補完し合い、

子を産み育て生活を行ってゆくことにあります。

そこを根本として人類の心と文明が発生してきています。

言わば、あらゆる面で凸凹が上手くハマりあうことで男と女関係が成り立ち

人類は進化してきました。

それはセックスの合体の状態をみれば一目瞭然です。

相性の良し悪しはお互いが補完しあえるかどうかにあります。

実際の調査でも同じ性格同士のカップルは長く続かないかもしくは不仲になっていますが、

性格がお互い違うもの同士のカップルは長くという結果が出ています。

(スポンサーリンク)
ハッピーメールバナー

ポイント制のお勧め出会いサイトはハッピーメール!

|プラスとマイナス(静と動)

男と女が上手くかみ合うことは

どちらかがプラスでどちらかがマイナスであるということです。

もしくは片方が動でもう片方が静であることです。

生物学的には普通では男がプラス(動)であり、女がマイナス(静)になります。

言葉を換えれば、男が押してそれを女が受けることになります。

それはセックスにおける受精そのものに起因します。

生き物が生殖において有性生殖を行うことの有利さは以前述べました。

そしてそこからオスの行動形式が生まれ、メスの生態も生まれています。

精子は出来る限り身軽で動き回り、卵子は栄養を蓄えてそれ待つことが原則です。

ここからオスとメスの基本的な行動様式が生まれ、性格が決められてきます。

詳しくは下記ページをご覧ください。

(参照:なぜセックスはあるのか?

|曖昧な性

しかし、生物の不思議は生殖の進化という観点では

この1つのパターンでは終わらないことにあります。

生き物は常に柔軟性と変幻性に富み、あらゆる状況や環境に適応してゆく特性があります。

特に単純生物にはこの傾向が大きく見られます。

環境によっては雌雄が交代して、

同じ個体があるときはオス、ある時にはメスといった役割を果たしてゆきます。

進化の途中段階でのこの雌雄の非絶対性が我々高等生物にも色濃く残っています。

男性がすべてオス的に行動するわけでもなく、

すべての女性が全くのメスとしての顕著な生態行動を取るわけではありません。

実に性は曖昧に行動します。

現実には性は白黒の2色に明確に分かれているわけではないのです。

|男と女の特性を決めるのは性ホルモン

雌雄の体と行動を決めているのは男性ホルモンと女性ホルモンです。

人間においては男性ホルモンテストステロンはオスとしての体と機能を作り上げて

マインドも攻撃的で積極的な性格を形成してゆきます。

女性ホルモンのエストロゲンは女性としての性器と曲線美に溢れた肉体を形成して

優しくて受容的な精神を構築してゆきます。

テストステロンは男らしいを特徴を表出させ、

エストロゲンは女らしさを特徴づけてゆきます。

一般的にはテストステロン的な性格はエストロゲン的な性向を好み、

エストロゲンはテストステロン的な性格を好みます。

しかし、問題はこの性ホルモンは肉体と心に対して同時に働いて

その特徴を決定づけていないことです。

時差がそこにはあるのです。

肉体の成長に影響を与える時期と脳の構成に影響を与える時期が

胎児のころに微妙に違っているのです。

そしてそこにホルモンの量的な問題も絡んできます。

そこに性が複雑化する要因があります。

女性的な男性が生まれたり、全く脳が女性の男性になったり、

男らしい女性の性格を有したり、それどころか全く脳が男性の女性になったりで

セックスとは実に曖昧で定点がないのが現実です。

(詳しくは同性愛が生まれる仕組みをご覧ください)

さてここでは異性愛の恋愛を論じているので

ヘテロセックスの男女の性格が男女の恋愛にどのような反映するかを考察してゆきます。

|男らしさ、女らしさとは?

ここでマインドしての一般的に人が認識している

男らしさと女らしさを整理してみます。

|男らしいさ

  • 積極的
  • 行動的
  • 攻撃的
  • 排他的
  • 性急な性格(せっかち)
  • リーダー性
  • セックス好き
  • 浮気性
  • スポーツ好き
  • アウトドアー好き
  • etc

|女らしさ

  • 慎重さ
  • 安定的
  • やさしさ
  • 受動的
  • 性的受容性
  • 補佐的
  • 協調的
  • 趣味的
  • のんびり行動
  • インドアー好き
  • etc

これらは基本的には配偶子(精子と卵子)の行動の形態と特性を

反映しているのがよくわかります。

精子(オス)は積極的に動き回り、卵子(メス)は消極的な待ちの姿勢です。

この特性はテストステロンとエストロゲンによって形成されていきます。

|恋愛での男と女の性格の適合不適合

男女の性格が合う合わないはこの男らしさと女らしさの役割で理屈的には決まるはずで、

この理屈では男と女は凸凹の特性は分けて持ち合っているはずであるとすれば

性格の不一致などないことになります。

つまり磁石のようにプラスとマイナスは

自ずと引き合いくっつくように出来て居るとすればです。


*悪魔が教える出会いサイト攻略法はこちら→(出会いサイト攻略法

しかし、現実はそうはならないのです。

それは前記の生物における性の不確実性が反映してきます。

性の色分けに自然は微妙に且つ複雑に揺らぎを与えていきます。

自然は明確な性の区別をさせないことで様々な可能性を試しているかのようです。

即ち、男らしさに揺らぎがあり、女らしさにも揺らぎを生じさてゆきます。

極端な傾向を示す男女は少数で、多くは男のような性質と女のような性質を

混合して有しています。

その配分は人それぞれでその人の特性の一つとなってます。

テストステロンとエストロゲンの分泌のタイミングや配分で

多様な特性を組み合わせもった男女が誕生してきます。

肉体は男性でも強度に男性らしいものも生まれれば、女性らしい心を持つもの生まれます。

それらは同性愛や性同一性障害などとしてしられています。

(ここでは男女の恋愛がテーマですので論じませんが、

詳しいことは同性愛の生まれる仕組みをご覧ください)

一般的にはヘテロ男女がもつ男らしさやおんならしさは振幅には

かなり幅広さが認められます。

大まかに捉えてしまえば同じ男女でも以下のような性質を持つことになります。

  1. 男性らしい男性
  2. 女性的な男性
  3. 女性らしい女性
  4. 男性的な女性

一般的には男と女の組み合わせでは

「男らしい男」と「女らしい女」が組み合わされることが前提としてあり、

それが男女カップルの在り方のように我々は考えてきました。

世間的にはそれが恋人や夫婦のノーマルな姿となっていたのです。

しかし、これで全ては収まらないところに性の不思議と問題があります。

組み合わせ的にはそれぞれが様々にカップリングされてゆく可能性をもっています。

  1. (男らしい男)×(女らしい女)
  2. (男らしい男)×(男らしい女)
  3. (女らしい男)×(女らしい女)
  4. (女らしい男)×(男らしい女)

(*ここで男らしい、女らしいとは前記の能動的なプラスの性格及び受動的なマイナス性格を

象徴しているだけですので、決してそうであるべき姿として語ってはいないので

ご承知おきください)

上の組み合わせの可能性ではお互いがプラスとマイナス、静と動などの

補完し合う組み合わせになっていないカップルが50%の確率で生じます。

また現実としてお互いが嚙み合わないカップルが多数成立してます。

男女の理想とされるカップルは1の組み合わせになりますが、

4のカップルも上手く行くことが多いようです。

常にぶつかり合って決裂するの2のカップルです。

そして実に何も事が起こらず実に楽しくないのが3のカップルです。

このカップルはそもそもお互いが行動しないことで成立しないことも多いでしょう。

|自分の性格を隠す男と女

男女のカップリングにおいてはお互いが極端な性格を持っている場合は

相手をどのタイプか見抜けて自分に合う合わないは直観的にわかりますが、

これらの特性は微妙な差異となっていることも多く

すぐに断定してゆくことは難しいのが現実です。

男らしさや女らしさの性格も白黒は明確ではなく、間のグリーのどの位置かになります。

多くのケースで男女は恋愛初期において自分の本性をあまり正直に表そうとしません。

自分をより価値あるものに見せたいと仮面を被ります。

特に女性の場合は家族や社会から女性らしくあることを求められるために

演技的に通念的に女性らしく振る舞う傾向があります。

「女性らしい男性」も恋愛初期では女性に好かれたい一心で

出来る限り男らしさを強調します。

やがてお互い結婚して一緒に暮らすことでその本性を隠し切れなくなってゆき

お互いの気持ちはかみ合うことがなくなりすれ違いの生活に突入するのです。

これらは先に述べたように根本的には生物学的な問題であり、

個人の精神性に責任を負うものでもありません。

ただ無知であったことが原因しています。

このような問題が生じないためにも

また大いに男女関係に悩んでいる場合において一つの解決を見出すためにも

しっかり生物学的原理原則と自らの特性と性格を充分理解してゆくことが大切です。

相手の特性を見抜くのです。

|男女性格はシンプルに考える

実際は人の性格は複雑で一概には語れないかもしれません。

複雑に屈折している人も少なくないはずです。

しかし、恋愛ではまずはシンプルにまずは

男性的か女性的か?

プラスかマイナスか?

動か静か?

で相手と自分を考えていくのが基本としてください。

殆どの男女のトラブルの要因はそこに最後は行きつくはずです。

それが生物としての根本であるからです。

そこから相手との性格の相性を判断していきましょう。

まずは相手の性格と自分の性格を動か静かで単純化してみることです。

NEXT: 恋愛性格相性判断法


(出会えるお薦めサイト)

ネット出会いの極意はじっくり相手を見つける定額会員サイトと 速効でH出来るポイントサイトを2つ登録しておくことで確率は高まります
*安心の定額会員出会いサイトBEST3(18禁) 
  1. 1.ラブサーチ
  2. 2.大人の出会いfrom40
  3. 3.ドリームリアライズ
お勧め1位のラブサーチは使用料が定額制だからじっくり恋人・不倫相手が探せます
*刺激的なポイント制出会いサイトBEST2(18禁)
    1. 1.ハッピーメール
    2. 2.ワクワクメール
ポイント制サイトは即Hも可能です。 最初は無料登録でじっくり自分に合った出会いサイトを探しましょう。

ハッピーメールバナー

多少役に立ったらシェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローは励みになります