セックスを拒否する女の何故?

サイト内検索

一生懸命口説いても、もし女性に拒否されたらどうするか?

これも男性には大きな課題です。

その時は一度冷静になってその女性の心理を分析してみましょう。

女性にも個別の様々な理由があってあなたを拒んでいるのです。

そこから新たな道を探りだします。

拒絶されても決して自分を責めたり、落ち込んだりしないことです。

傾向と対策をしっかり考え抜きましょう。

(スポンサーリンク)
ハッピーメールバナー

ポイント制のお勧め出会いサイトはハッピーメール!

|セックス嫌いの女は実は多い

いろいろな女性と接触し口説き交際してゆくと

余りセックスが好きでない女性たちに少なからず遭遇します。

見た目は普通で女性らしく魅力的な人でも

口説いても口説いてもかわされたりして何時まで経っても

その女性のお体をご相伴出来ません。

実はこの女たちの多くは決してあなたを嫌っている訳でもありません。

なかなかそこに踏み切れないでいる事情があるのです。

中には性悪の食い逃げ女も多く生存していますが、

嫌われたと気落ちしたり腹を立てる前に

女性の立場になって一度は考えてみることです。

一般的な女性がセックスから逃避したがる訳を考えてみましょう。

大きく分けて以下の7つの理由がそこには存在します。

1.元々はセックスに興味ない体質

これは遺伝的なものや女性ホルモンのバランスによるもので

女性の先天的な体質によるものです。

体は立派に大人の女でも女性ホルモンの不足で何歳になっても

性的な成熟を向かえず全く性欲が起こってこないのです。

一生このままの男知らずの状態でいる女性も多くいます。

恋愛にも興味なく女性友達や親兄弟との付き合いで充分な女たちです。

このような女性はなかなか見抜けないのですが、

早々に切り上げることが賢明な手段です。

もし現在付き合っている女性がセックスに無関心で

余り要求に応じない場合は

塗るタイプの性ホルモン剤を局部塗布するか、

ドクターに相談して女性ホルモンを服用するようにしてください。

勿論、あなたが真剣に女性と話し合ってからですが・・・。

2.男に全く興味のない女たち

女性ホルモン・エストロゲン値が低く逆に男性ホルモン値が高い女性は

余り女性らしさがなく、寧ろ男性的なことが良くあります。

多くは男性に興味はなく寧ろ女性に興味を持ったりします。

所謂レズビアンタイプの男役・タチの女性になります。

この場合も口説くことは全く無駄です。

もっとも元々は余り男性を近づけませんが、

ボーイッシュな女性には注意が必要です。

ちょっと可愛いだけで好きにならないことです。

また、気弱な男性がよく男らしい女性に惹かれてしまいます。

女性も女らしい男性が好みでこの場合は相性もいいことになりますが、

性的な満足は少なくなるのが通常です。

3.生理周期のタイミングが悪い

女性はご存じのようにホルモンバランスは生理周期によって変化してゆきます。

女性の性欲もそれによって男性が想像する以上の影響を受けています。

女性がセックスを拒絶する理由にこの時の生理周期の状況があることも

しっかり頭においておいてください。

生理中は初めての男性とのセックスはまずは断ります。

生理痛のひどい女性はまずは無理な状態です。

またPMS(月経前症候群)の重度の女性もこの時期はセックスを嫌悪します。

これらの症状は女性によってかなり格差がありますので

日ごろから狙いの女性はしっかり観察しておきましょう。

4.未開発な女性たち

このケースが一番遭遇するのではないでしょうか?

10代20代の女性の多くが未開発状態と思ってください。

年齢が若く性体験も少ない女性は女性ホルモンの作用も不十分で

まだ果物で言えば青い状態です。

このまだ青い女性がセックスに臨みペニスを受け入れることは

膣もまだしっかり発達していなくて非常に狭い状態です。

挿入は快感どころか苦痛も伴ってしまいます。

多くの女性はセックスでは直ぐに快感が引き起こるわけではありません。

快感を本当に感じるまではある程度の時間が要するのが普通です。

このタイプの女性はこれまでの性体験も痛いだけでいい思い出がなく

セックスに嫌悪感さえ抱いています。

多くの女性は30代になると年齢とともに自然に女性として成熟して

次第にセックスが快感となりやがて35を過ぎると自分からセックスを求めてゆきます。

若い経験の少ない男性は女性をしっかり女として開発することに専念しましょう。


*悪魔が教える出会いサイト攻略法はこちら→(出会いサイト攻略法

女性をベッドに誘いこむことも苦労を伴いますが、

じっくり構えてあげることです。

何とかセックスに応じてもらえたら前戯でしっかり女性を

ウオームアップして感じる体に育て上げてゆきます。

焦りは禁物です。

焦ると女性も緊張してしまい益々セックスを遠ざけます。

挿入もラブローションなどを活用して痛みを友環ないようにして

女性を労りましょう。

また性ホルモンの塗布剤も合わせて使うことで開発は早まります。

しかし、一番大切なことは男性が女性を大きく受け止めて

じっくり育て上げる姿勢です。

5、セックスに対するトラウマを持つ女

これまでの性体験で嫌な思い出しかなくセックスそのものが怖い女性たちです。

幼児のころ悪戯されたり、初体験がレイプであったり、暴力的な強要セックスしか

経験なかったりで理由は様々ですが、セックスを心が拒否しています。

このトラウマを払拭するには優しさと忍耐が必要です。

女性が心開くまであなたの性欲は暫くお休みになります。

相手の女性に深い愛情がある場合以外は

あまり中途半端に女性に接すると更に女性は傷付きます。

離れていくことも賢いやり方です。

軽いトラウマは愛情で癒せますが

重度のトラウマは根本的な治療も必要になります。

6.親の教育による嫌悪感

子供のころからセックスに対して厳しい家庭で育った女性は

親にセックスに対する不純なイメージや罪悪感を植え付けられるます。

それによって性器は触っても触らせても駄目なところ、

セックスは結婚してからするもの

セックスは子供を作る為のもの

快楽は罪なこと

などの観念を異常な形で持ってしまいます。

それによって強い貞操観念で男性を拒絶します。

敬虔なクリスチャンの家庭に多いようです。

この手の女性を陥落させるにはかなり苦労をします。

セックスに対するイメージを払しょくすることしか手段はありませんが、

中には性欲・好奇心との狭間で悩んでいるはずです。

何とか言い訳を作ってあげて気持ち良さをまずは実感させるしか有りません。

7.[重要]女は一度はノーを言う

女の一つの大きな特性があります。

女は一度はノーいうことがそもそもの男女間の約束事と捉えています。

女性は男性を拒絶することで自分の価値を高めて売値を競り上げているのです。

卵子の数は数量が限られていることから起こるセックシュアリテイーです。

男性の求愛を直ぐに受け入れていてはより良き遺伝子を手に入れることは出来ず

そもそも体が幾つあっても足りないでしょう。

拒絶することで女性は男を試し選別しているのです。

従って女性のノーは気にすることはないとも言えます。

この見極めが極めて難しいことになります。

外交辞令的なノーなのか?

それとも本当の拒絶なのか?

この唯一の対策は女性の一度のノーには落胆しないで

何度かアプローチを繰り返すしかありません。

しかし、生物学的な嫌悪はどうすることも出来ないので

潔く退出することも無駄なお金と時間を浪費せずに済むでしょう。

|女はもともと厄介で扱いづらい

女性の本心はなかなか見抜くことは難しいものです。

その原理を誰も見出しては未だにいませんが

大きな掴みは大切です。

女性の性行動の方向性や特質を大きく捉えるだけで

口説く確率は数段に増します。

女性を口説くことは応えのない恋愛ゲームであるからこそ

よりエキサイテイングで大きな達成感を感じることが出来ると考えることです。

女性は何故男を拒むのか?

何故自分を拒むのか?

それはその女性が女だからなのです。

|女の拒絶のまとめ

  • 意外に多いのがセックスを好きになれない女性
  • 様々の個人的な訳がそこにはある
  • 一概に個人的に嫌われたわけではない
  • セックスを拒む5つの理由
    1. セックスに興味を持てない体質
    2. 男性に興味なく同性愛嗜好
    3. 月経周期のタイミング
    4. 女性として開発されていない
    5. セックスに対するトラウマがある
    6. 強い貞操観念
    7. 女は一度はノーを言う
  • 女はもともと扱い難い動物であるのでその本位は分からない


(出会えるお薦めサイト)

ネット出会いの極意はじっくり相手を見つける定額会員サイトと 速効でH出来るポイントサイトを2つ登録しておくことで確率は高まります
*安心の定額会員出会いサイトBEST3(18禁) 
  1. 1.ラブサーチ
  2. 2.大人の出会いfrom40
  3. 3.ドリームリアライズ
お勧め1位のラブサーチは使用料が定額制だからじっくり恋人・不倫相手が探せます
*刺激的なポイント制出会いサイトの一押し!(18禁)
    1. ハッピーメール
ポイント制サイトは即Hも可能です。 最初は無料登録でじっくり自分に合うか試してください。

ハッピーメールバナー

多少役に立ったらシェアしてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローは励みになります