生まれた環境による相性

(スポンサーリンク)
ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト
ハッピーメール攻略法

|気持ちが楽な相手が長続きする

このように育った環境、社会、家庭によって

個人は性格や習慣、思考、嗜好を形成されていくために

異性の選択において大きな影響を与えることは明確です。

また関係の継続においては次第に身に付いた考えや習性が表に出てきて

恋愛感情が失せた段階でお互いの感情に齟齬が生まれることもしばしばです。

ある調査では同じ環境や生活レベルで育ったもの同士のほうが

男女関係は長続きするという報告もあります。

最終的には気持ちに無理があるかないかが大切になるようです。


(スポンサー)

*中年期からのED/勃起不全の救世主と言われるクラチャイダムは感動的に効果ありました。クラチャイダムの試飲体験記はこちらです。

恋や愛などの一時の感情に溺れるよりは

生涯のパートナーは自分が楽な相手を選んだほうがいいようです。

ロミオとジュリエットの悲劇は避けたほうがいいのです。

|結論

男と女の相性は免疫的な遺伝要素はお互いが補完し合うような相違があったほうが

生物学的には適合します。

しかし、経済的な背景や家庭的な背景、学歴、趣味や嗜好、考え方などの

遺伝的でない要素はお互いある程度の範囲でいたほうがいいようです。

所謂、似たもの同士です。

スポンサーリンク

*定額会員制安心出会いサイト 
    1. ラブサーチ 
      真面目な出会いが出来るサイト
    2. 大人の出会いfrom40
      順番待ちの人気サイト
    3. ドリームリアライズ
      夢が叶う出会いが出来るサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする