ビール・ゴーグル効果(恋愛とセックスと酒の関係)

恋と酒は昔からつきものとして多くの歌や小説で描かれています。

人生においての最大の快楽は酒に酔い、恋に酔いしれている刹那かもしれません。

美食と美酒と美女、鮭とバラの日々にこそ男の本望があります。

誰しも、酒の催淫効果は1,2度は体験済みのはずです。

まるで夢のような幸福を味わうこともあれば、

朝に後悔の念に打ちのめされることもあるでしょう。

酒は男を狂わすだけでは、実は女性も狂わしてくれます。

恋愛の匠は酒の精を恋のキューピットとして実に有効に利用しています。

(スポンサーリンク)
ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト
ハッピーメール攻略法

|恋多き男はお酒飲み??

海外の研究では、酒を飲む機会が多い人ほど恋人ができやすいという報告がなされています。

それも家呑みではなく、バーやレストランで飲む頻度が多い人ほど

恋とセックスのチャンスが多くなるとされています。

これは男女ともに言えるそうです。

確かに個人的にも女性を口説けたときは殆ど酒がらみでした。

酒は恋の接着剤であることは確かです。

恋人が欲しければ酒を飲めといえるのかもしれません。

|ビア・ゴーグル効果

ビール・ゴーグル効果(Beer goggles effects)と言う事が唱えられています。

これは人は飲めば飲むほど異性が魅力的に見えて行くと現象です。

男性は酔う従って女性が綺麗に魅力的に見えていきます。

酔った勢いで一夜を共にした女性が良く朝みたら、驚くほどのブスだったなんて経験は

女性の化粧が取れたからではありません。

ビール・ゴーグル効果の失敗事件を小生は

朝ビックリ!!

と呼んでいます。

アルコールでゴーグルと言う色眼鏡がかかり、

女性の実態がよくわからなくなっていたからなのです。

酒で目が曇ってしまいそしてやがて恋に酔い、

そのまま付き合ってしまい結婚などのパターンは実に多いのです。

ビア・ゴーグル現象は男性だけでなく女性にも起こります。

それまでノーチャンスと思っていた女性を酒を飲ませて何故か

そのままホテルに連れ込めて天にも昇る気持ちでいた時に、

これで其の女をゲットしたと思っても、

それ以来、其の女性が嫌に冷たくよそよそしくなってしまい、

関係もそれきりだったと言った体験はありませんか?

これは女性のビア・ゴーグル現象で、酒で男性が魅力的に見えてしまい、

セックスに応じたのですが、

酔いが覚めて我に返った女性が後悔している事例です。

そんな時は一回やれたことを感謝してそれ以上追いかけるのは止めましょう。

そんなことは人生よくあることです。

|ベア・ゴーグル効果のメカニズム?

では何故、アルコールで目が曇ってしまうのでしょうか?

以下の説が唱えられています。

  1. 理性を司る大脳新皮質の麻痺
  2. ドーパミン活性
  3. 美意識の麻痺

1.アルコールによる理性の喪失

アルコールは理性や合理的な判断を行う大脳新皮質の働きを鈍らせる効果があります。


(スポンサー)

*中年期からのED/勃起不全の救世主と言われるクラチャイダムは感動的に効果ありました。クラチャイダムの試飲体験記はこちらです。

お酒呑む人なら実感しているはずですが、

酔うほどに理性は消失して古い脳が頭を持ち上げて、本能が現れてきます。

つまり押さえられた性欲がむき出しになってくるのです。

特に女性は恋愛では男性より更に強く理性が制御している状態です。

男は誰でもいいからセックスしたいが本質ですが、

女性はしっかり相手を選ぶことが主流です。

これは生殖子の圧倒的な数の差によることからきています。

女性の理性を取り払うことは口説くには実に効果的であると言えます。

女性の防衛本能が薄れることはありがたいことです。

お酒は女の本能をむき出しにしてくれる合法的なドラッグであるとも言えるかもしれません。

そして実はお酒の効果は男性に一番の武器となってくれるのです。

酔いによる理性の喪失は特に男性に精神的な意味で堅調に現れ、

恋を飛躍的に前進させてくれます。

男はそれまでの失恋の恐怖や不安を忘れて大胆に女性を口説けるようになります。

酒の勢いでお口も饒舌になって恥じらいも消えていき、一気に攻めていきます。

これが関係を進めるに最大の武器になるのです。

男は大胆に口説き、女性は貞操観念が薄れて、お互いが本能に従ってしまうのです。

酒を飲むとやたら笑ったり、泣いたり怒り出したりする

いわゆる笑い上戸、泣き上戸や起こり上戸は同じメカニズムです。

理性が取っ払われて本性がむき出しになるのです。

ビア・ゴーグル現象はそう意味では惚れ上戸、やり上戸と言えるでしょう。

人は酔うことで恋とセックスに開放的になっていくのです。

2.ドーパミンの暴走

お酒を飲むと人は陽気に楽しくなります。

アルコールが人の思考を鈍らせて嫌なことも忘れさせることもあるのですが、

もう一つにはアルコールは人の報酬系の快楽ホルモンと言われるドーパミンが

活性化されます。

これによって人は恋への渇望とセックス快楽への欲望を募らせます。

性欲ホルモンも同時に活性化してゆきやたらと発情してしまうのです。

酒を飲むと人はハッピーになり、兎に角、気持ちよくなりたくなるのです。

それで取りあえず目の前にる異性が魅力的に見えてゆき、恋とセックスに至るのです。

つまりセックスしたがいがために相手を魅力ある様に錯覚するのかもしれません。

3.美的感覚の麻痺

酔うことで相手がより美人やイケメンに見えるのは

アルコールで美への感覚がおかしくなるからという説があります。

人類はシンメタリー(対称性)な容姿の異性に魅力を感じます。

シンメタリーであることは遺伝子の健全性や優秀性を表しているからです。

性的な魅力は根本はその遺伝子の秀逸性にあります。

自分の遺伝子の拡大、つまり子孫繁栄のために生殖する相手には

より優れた特性を求めるのです。

ところがアルコールで酔うことでこの非対称な形状の分別能力が低下します。

非対称であっても対称と認識してしまうのです。

即ちブスが美人に見え、ブ男がイケ面に見えてしまうのです。

お酒はお互いを美しく見せてくれるのです。

スポンサーリンク

*定額会員制安心出会いサイト 
    1. ラブサーチ 
      真面目な出会いが出来るサイト
    2. 大人の出会いfrom40
      順番待ちの人気サイト
    3. ドリームリアライズ
      夢が叶う出会いが出来るサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする