20代男子のセックスとの向き合い方

(スポンサーリンク)
ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト
ハッピーメール攻略法

|女性の正しい快感メカニズムを理解する

若い男性が女性のセックスを満足させるには経験と技術が必要になります。

そして女性セックスのメカニズムとは何かを座学で学んでおくことは

セックスの技術を早期に習得するには極めて有効です。

まずは女性の体の構造、生理的な作用、恋愛心理、オーガズムのメカニズムを

頭に叩き込んでおくことをお薦めします。

多くの若い男性はAVを見ることでセックスの知識を身につけているのが実態ですが、

AVの女性の設定やオーガズムのシーンは男の願望で作られています。

男がより興奮する為の演出であり女性の演技です。

女性の側に立った組み立てにはなっていないのです。

女性の感じるセックス法で描いても絵にならないからなのです。

セックステクニックや女性の性機能については悪魔の性典

かなり詳しく解説しています。

まずは性の正しい知識を得ることです。

知った上で体験するセックスと知らないうえでのセックスでは

貴方が習得する性技のレベルは1年後には格段に違ってきます。

|女性の感じるセックスとは?

女は触って舐めて入れれば感じると多くの若い世代は思いこみ

AVでみたように女性を愛撫し愛します。

しかし、女性が望むセックスは若い男子が行うセックスとは程遠いのです。

女たちはセックスを我々男性とはまるで違った位置づけにしています。

女性にとってのセックスは最終的にはオーガズムの享楽であることは間違いないのですが

大切なことはそこに至る過程です。

男性は早くペニスを入れて射精したいの一心ですが、

女性にとってはセックスはコミュニケーションツールとして役割を担っています。

男性との絆を確認する手段でもあるのです。

女性は以下のステップでオーガズムへと向かってゆきます。

  1. 心の和みと安心
  2. コミュニケーション
  3. 体の解
  4. 生殖器体温の上昇
  5. 受け入れ態勢の整備
  6. 男性との一体感
  7. オーガズム
  8. 一体感の再確認

|女は絶頂まで時間と段取りが必要

女性はオーガズムに至るまで男性とは比較にならないほど段取りを必要としています。

女性は気持ちが整い男性の愛情を確認して、

それから男性の受け入れ態勢をつくってゆきます。

(スポンサー)

男性との充分な会話と抱擁・キス、愛撫という

段階を踏んでセックスのエンジンが発動してゆくと思ってください。

女性の体を完全に燃やすにはまずは心を燃やすことが大切です。

多くの若い男性は女性の体を完全燃焼させることはあまりありません。

所謂、前戯が粗末であったり省いているからです。

女性にとって前戯は既に会話から始まっています。

女性は言葉でも優しく愛撫してあげてロマンチックなムードで

欲情の火をつけてあげなくてはならないのです。

|女性が求めるのはソフトな刺激

女性はまた決して乱暴で強引な愛撫やペニスの挿入を好みません。

激しいピストン運動や擦るような性器・乳房への刺激で感じることはないのです。

男性が思っている感じている表情は苦痛の表現であると思ったほうが正解です。

女性は我我が思っている以上にソフトなタッチとゆっくりなペニス運動を好みます。

女性がバギナに与えて欲しい刺激は激しい擦りではなくゆっくりした押すような

圧力刺激です。

20代の若い時期は自分の快楽を求める余り、

焦ったようにペニスの出し入れを繰り返します。

女性の反応を見ながらじっくりゆっくりセックスを進行させることは

ありません。

女性は男性のように直接的な快感だけ求めてはいないのです。

感じたいのは男性との一体感、絆です。

|一体感を女性に感じさせる

男性との一体感は女性がオーガズムを向かえる大事な要素です。

この女性の心理を理解するだけで貴方のセックスは別格に向上します。

女性にとって喜ばしい愛し方になるはずです。

ポイントは女性を包み込むようなセックスを心がけることです。

また、射精後には直ぐに背中を向けて寝てしまったり、

そそくさと帰り支度などはしないことです。

女性はセックスを許した後には男性の愛情を再確認したいのです。

射精後に冷たい態度をとる男性は体目当ての男と判断されてしまいます。

女性の気持ちは冷めてゆくだけです。

スポンサーリンク

*定額会員制安心出会いサイト 
    1. ラブサーチ 
      真面目な出会いが出来るサイト
    2. 大人の出会いfrom40
      順番待ちの人気サイト
    3. ドリームリアライズ
      夢が叶う出会いが出来るサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする