女が求める男とは?

(スポンサーリンク)
ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト
ハッピーメール攻略法

|支配的な男に惹かれる

女性が真に求める男性はビジュアル以上に男性の経済力や社会的な地位が優先されます。

即ちより地位の高い男性をより好む傾向があります。

それらの男性の特性としては誇りが高く、自尊心が強く、支配的傾向があります。

女性はこの特性を持った男性に強烈に惹かれます。

それらのステータスの高い男性は

女性を守り生活を保障してくれる可能性が高いからです。

このタイプの男性は闘争心が強く、自分を高めていく特性をもつ

テストステロン優先男性といえます。

エストロゲンが強い女性ほど受容性が強くなり、

支配的な男性を好む傾向になります。

この傾向が何らかの理由で性癖まで進展すると強度のM女になります。

基本的には女性はマゾヒストです。

|献身的な男性に惹かれる

支配的な男性に惹かれる一方、女性は自分や子供を保護し、守ってくれる

優しさに溢れた献身的な男性にも強く惹かれます。

女性は本来は支配的で献身的な男性を求めていますが、

殆どの場合は男性において両者は成立しないのが普通です。

テストステロンが大量に分泌されて男らしさに溢れている男性はスリリングで

刺激的な魅力を持ちますが、

浮気性で貞操観念が不足しがちです。

社会的なステータスが高く支配的な男性はテストステロンの値も強く

生殖能力に長けていて多婚傾向を示します。

より長期的な安定性や安心感が重要な女性は優しくて信頼度の高い男性を

求めていきます。

少し肥満気味でふっくらした男性が人気があるのは優しさや安心感が

漂っているからと言えます。

女性が子育てや自分の生活を守るためには一番重要なことは

男性の長期の献身性と男の資源の提供です。

しっかり経済的なフォローを実行してくれる真面目な性質であることなのです。

女性は子育ての為の協力者と自分の運命の共有者を求めます。

つまり誠実で裏切らない男性です。

この相反する二つの願望が女性の中には存在しているのです。

女性の男が浮気することを許さないのは男の労力と資源の独占欲です。

自分が生き残る為には他の女に男が入れことは決して認めません。

|好みが変わる女性

上記の判断材料を女性の脳は過去の記憶、感情、知識、社会的な基準、

家族の意向などを踏まえて男性を絞っていきます。

基本的には女性は卵子と精子の数からの状況から選別する立場に常にいます。

ところがこの選別基準は一定でないことも我々は認識しておかなくてはなりません。

それは月経周期と女性の年齢による性ホルモン状況によって大きく左右されます。

ある意味ではこの変遷に我々男性は翻弄されているのですが

その特質は理解しておくことでより恋愛においては適切な対応が取ることが出来ます。

|月経周期による変遷

女性は排卵期にはよりテストステロンが強い男らしさ体と顔立ちの男性に惹かれます。

また免疫的な適合性のある匂いを放つ男性にも強く惹かれます。

つまり発情して妊娠可能なときはより優秀で遺伝子を強化出来る相手を求めるのです。

これは女性が意識的に起こしている好みではありません。

本来の古い脳の本能的な好みであるといえます。

この時期街場ですれ違うよりセクシーな男性に性的な妄想を抱いたり、

ふとした行きずりの恋に体を許すことがおきます。

この時期女性は化粧が強くなり、より派手でセクシーなファッションに身を包み、

外出する傾向が強く出ます。

この時期を過ぎて妊娠する可能性がない時期には

女性は今度は真逆の男性を求める傾向があります。

即ち安心できて献身的でより女性的で優しい顔立ちの男性に惹かれるのです。

この状態では新しい脳が優位に働いています。

つまり計算高く賢くなっているといえます。

この時期は子育てや自分の生活を保持するために選択が強くなります。

この時期の女性は協力的で共感姿勢を示す男性に惹かれます。

より女性的ともいえる男性です。


(スポンサー)

*中年期からのED/勃起不全の救世主と言われるクラチャイダムは感動的に効果ありました。クラチャイダムの試飲体験記はこちらです。

この時期には男性的な魅力よりは協力的な姿勢を重要視して、

妊娠の可能性のないセックスにも前向きに応じます。

極めて巧妙な生殖戦略を展開します。

|年齢的な変遷

10代20代前半では女性もビジュアル重視と運動能力の高さです。

よりテストステロンの魅力を発散する男性に惹かれて

性的欲望重視のセックスに走ったりします。

しかし、次第に成熟度が深まり、生殖のピークを迎えてくると

男性の経済力やステータス、人柄で選択する比重高めてきます。

より現実的になるのです。

この時期は相手の経済力や優しさ、理解力が大切になってくるのですが、

女性の環境や経験などでどちらを重要視するかは違ってきます。

性格とお金はまるで正反対の判断基準のように一見見えますが、

女性にとってその根本は一緒です。

即ち、自分と子供の安全保障です。

|また少女に戻る女たち

子育ても概ね修了して40代を過ぎ、更年期にさしかかる時期には

エストロゲンの割合が減少して男性ホルモンの影響が大きくなると

また本能的な欲望に支配されてきます。

10代の少女のころの性向に戻る感じです。

ビジュアル系の男性に惹かれたり、セクシーなオーガズムを期待できそうな男性に

強く惹かれるようになります。

相手の人柄よりは自らの快感を優先してきます。

これまでのデータによりますと女性はよりイケ面でシンメタリーな男性との

セックスがオーガズムに達する頻度が多くなります。

年齢とともにより欲望は深まり、安全安心の男性よりは

刺激的でセクシーな男性を求めるようになっていきます。

つまりオーガズムを求めてくるのです。

少女時代との違いは既にオーガズムの味を知っていることと

相手選ばずのセックスにならないことです。

|女の好みは日々違うと思え!

男性の女性の好みはほぼ生涯変わることはなく

同じタイプのビジュアルに同じように反応示します。

しかし、女性はその時の生理ホルモン状況によって

大きく好みは変遷していきます。

このことは2つのことを物語ります。

如何にあなたが今、女性に好かれている愛されていると実感しても

それは決して安心できるものではなく、

いつ女性の愛情は失せていくか分からないということと

その時狙いの女性にアタックして拒絶されてもそれはその時の女性の状況であって

将来的にはまた大いに受け入れられる可能性が大いにあると言うことです。

この教訓は忘れてはいけません。

油断するな!

諦めるな!

です。

|女ごころと秋の空??

また女性は永遠の愛を男性に常に求めますが、

決して女性自身は永遠の愛を誓ってはいないことも

忘れてはなりません。

女性はその場に合わせて生きていける天才なのです。

反して男性は融通の利かない気難しいだけの面倒な生き物です。

ダーウンの言葉を思い出しましょう。

強いから生き残れるのではない。

変わるから生き残れるのだ。

男たちも常に恋愛状況に合わせて自らを変えていかなくてはならないのです。

何故なら女ごころは秋の空ですから我々も変わっていかなくては

直ぐに厳しい冬がやってきます。

スポンサーリンク

*定額会員制安心出会いサイト 
    1. ラブサーチ 
      真面目な出会いが出来るサイト
    2. 大人の出会いfrom40
      順番待ちの人気サイト
    3. ドリームリアライズ
      夢が叶う出会いが出来るサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする