モテる男の3ズ主義

女性獲得ゲームは

他の生き物たちが発情期だけに生じる現象であることに対して

人類男性においては生涯続く戦いサバイバルゲームといっても過言ではありません。

男は生まれて直後から死ぬまで

女性への欲望の念を抱き続けます。

そして男としての数十年の戦いの中で明らかに

大きな戦果を得る者と得ざるものに分かれます。

その差を生み出すものはその男性の行動哲学にあります。

即ち日ごろの心掛けです。

(スポンサーリンク)
ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト
ハッピーメール攻略法

|モテ男の心がけ

メゲズ、アキラメズ、オコタラズ

これをモテ男の3ズ主義といいます。

先天的にハエ取り紙のように女性を捕獲できる男性は

ほんの一握りの神に選ばれしものだけです。

美形で金持ちで優秀な頭脳を持ち合わせた男性は確かに

女性をひきつけて止みません。

またモテて当然と言えます。

生涯女性に苦労することはなく過ごせることは間違いないでしょう。

しかし、羨むべき生まれながらのモテ男の割合は男性全体の1%にも実は満たないでしょう。

ほぼ99%の男たちは自らの力で戦い女性を確保する運命にあります。

恋愛ゲームに勝利してゆくしかないのです。

99%の者たちは明らかにモテ組とおちこぼれ組に分かれてゆきます。

その差を生むものは恋愛戦略とテクニックであり

そしてもっとも大きく作用するするのは男性の心がけです。

心がけの中でも不断の努力に勝るものはありません。

即ち

メゲズ、アキラメズ、オコタラズ

の精神です。

|メゲズ

モテる男は決して女性の態度にメゲルことはありません。

また例えメゲルことはあってもすぐに気を取り直して

また恋愛ゲームに参戦してゆきます。

恋愛にあいてメゲナイということは極めて重要な要素です。

女性はこれまでも度々残酷な生き物であると述べて来ました。

まるで男を試すがごとくに男たちに理不尽な拒絶の態度を示してきます。

男たちの思いが真剣であればあるほど

男たちは女の駄目だしや無反応に対して大きく傷つき


(スポンサー)

*中年期からのED/勃起不全の救世主と言われるクラチャイダムは感動的に効果ありました。クラチャイダムの試飲体験記はこちらです。

自信を失い自己否定してゆきます。

そして女性や恋愛に対して一種の恐れさえ覚えるようになります。

一方モテ男は女性に求愛を拒否されても

まったく自己嫌悪に陥ったり自己否定することはありません。

それは女性の拒絶が男性自身の存在や人格の否定ではなく

単なる一時の気分的な問題かお決まりの形式的な行動であることを知っているからです。

決して拒絶が自分に対しての完全拒否でもなく

永遠の断絶を意味してないことを知っているからです。

女性の求愛の拒絶は絶対ではなく明日には変わる可能性が

大いにあることを知っているのです。

女性は男性の反応を楽しんでいるとも言えます。

したがって結果を出し続けるいわゆるモテ男は女性のアンサーをまともには受け取りません。

ああ、今はそうななんだ

と受け流してその場はメゲたりごり押しすることなく次のチャンスを待ちます。

女性は男性に残酷な言葉や態度で男を試す習性があります。

そして男性への心ない言葉で挑発を繰り返し男性の真意を確かめてきます。

よりタフで生命力ある男を選別する手段なのです。

したがってそこでメゲル男は見事にそのふるいにかけられてしまうということです。

女性をゲットすることは

女性より与えられし課題をクリアーすることです。

女性は優しくおしとやかでまるで観音様の心を持っているなどと

勘違いしている男性はこの世にどれほど多く存在していることでしょうか?

この勘違いで女性の冷酷な言葉に傷付いて打ちひしがれてしまい、

女性へのアプローチを諦めてしまいます。

女は動物であることを前提に接することで

女性の屈辱的で挑発的な言葉に踊らされることはなくなります。

心萎えたほうが負けです。

貴方の目的は女性とのセックスです。

ある意味女性の性格や言動にいちいち腹をたてることは

その目的を自ら遠ざけることになります。

メゲナイことこそ勝利への近道です。

古来より多くの恋の物語は試練の物語でしかありません。

女の言葉に打ち負かされてなりません。

恋愛のゲームは心のサバイバルゲームなのです。

メゲナイこそ最大の女性を獲得するための魔法の剣なのです。

スポンサーリンク

*定額会員制安心出会いサイト 
    1. ラブサーチ 
      真面目な出会いが出来るサイト
    2. 大人の出会いfrom40
      順番待ちの人気サイト
    3. ドリームリアライズ
      夢が叶う出会いが出来るサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする