ブログをメールで購読

性的嗜好(セックス)の相性

出会いにおいては自分が生殖本能的にどのような女を求め、

ライフスタイル的にどんなタイプの女性が好きなのかをしっかり認識することの

重要性を前記しました。

ここでは性的な嗜好の相性、即ちセックスの相性の問題を考えてみます。

少なくても性的に自分の好きなタイプの女をしっかり自覚し、

其の好みとすり合わせを行ったうえで女性にアプローチし口説いていく必要があります。

勿論、刹那の恋愛である限りではこれには及びません。

ただなんとなく知り合って、セックスして、同棲して、そして仕方なく結婚してパターンは

避けたほうがいいかと存じます。

結婚後、本質的に余り好みの女でない場合はいつの間にか抱く気にならなくてしまい、

そのまま一生を過ごすような退屈な人生を送ることになってしまいます。

男女の性的な嗜好の合致は極めて大切です。

まずは自分の体にやどり続けている己が自身の性的な嗜好を考えることからはじめましょう。

性的な嗜好は個性そのものでもある

性嗜好は極めて厄介な代物です。

その人の性格や特性以上にその人間の根源をなすものであり、

時には大きなエネルギーを生み出す生命活動の源泉でもあります。

何故なら生けとしいけるものの全ては生殖がその素因であり目途となるからです。

全ての命は性より生まれ、その生命は生殖することがこそが使命そのものなのです。

しかし、ここで性の複雑性は性そのものが一意で無いということです。

雄は単なる電気的に表現するばプラスそのもではなく、その中にプラスとマイナスが絡み合って

一つの雄の個体を生み出しています。

雌もまた然りです。電気的に例えるところの単なるマイナスとしての特性を示すとは限らず

プラスとマイナスが量的にも複雑に絡み合って一つの雌を形成します。

プラスをいくつ持つか?マイナスをいくつ持つかで

その人の雄としての特性が決定され、性的な嗜好も特定の傾向を示してきます。

加えて体験的・トラウマ的な性指向もそこに加わり、複雑性を更にまして

同じ性指向を持った男性や女性はないに等しいと考えられます。

このプラス的な要素を男性性とし、マイナス要素を女性性とするならば

その起因は性ホルモンに置き換えることができます。

性ホルモンは人ではいくつかのホルモンが性別やセクシュアリテイーに関与しますが

ここでは男性ホルモンであるテストステロンと女性ホルモンであるエストロゲン

主体に考えていきます。

(参照)

様々な性的な嗜好

上記のように性的な嗜好は複雑であり、多様であり、ただ男性的や女性的などのシンプルな特性を示す

いわゆる極めてノーマルな人は少数派かもしれません。

特に現代では文明と文化の躍進と比例して多様な性の世界が表面化し、大きな文化的な価値も持ちつつあります。

ある特定の淡白人種や厳格な教育を受けた男女ではノーマルセックスだけで生涯終わることもありえますが、

その心の奥底には性的な異常性を隠し持ち、欲望を満たすことなく生きています。

ノーマルであるかアブノーマルであるかは、

時代背景と個人の変態性に大きく関わっています。

*アブノーマルセックスに関しては(悪魔の性典のアブノーマル)を参照ください。

性的な趣向の厳密な分類は極めて難しいのですが、

アバウトに考えると下記のように列挙していくことが出来ます。

  • セックス好き・女好き
  •  SMプレー
    • 目隠し
    • ろうそく
    • しばり
    • スパンキング
  • アナルセックス
  • 浣腸プレー
  • 性具プレー
  • 3P
  • 放尿プレー
  • お漏らしプレー
  • 外でのリモコンバイブ
  • 顔射
  • 陰毛剃り
  • 動画はめどり
  • 写真プレー
  • コスプレ
  • オナニープレー
  • 視姦
  • 露出プレー
  • 野外プレイ(青姦)
  • フェティシズム(フェチ)
  • スカトロジー
  • アナルプレー
  • デープスロート
  • 尿道淫
  • 獣姦
  • 近親相姦
  • 同性愛
  • 乱交
  • スワッピング
  • 幼児愛好症(ロリコン)
  • 老齢愛
  • 屍好症
  • 等など・・・・・

多くの男性はこれらのいくつかは自覚されているはずです。

自らの性的な嗜好の認識

性的な嗜好はその個人独特であり求愛や性衝動のトリガーになります。

個人の人生そのものにも大きな影響を与え、時には犯罪への要因にもなりかねません。

かと言ってこの性的な趣味嗜好を押さえつけて生きていくことはその個人の最大の喜びを抹殺することにもなっていきます。

従ってこの自らの性的嗜好は何であるかを確実に認識した上で如何に上手くこの趣味嗜好を操るかが大きな課題になります。

特に極端に性的嗜好に変態性を有する方はあくまでも公にすることなく


(スポンサー)

*中年期からのED/勃起不全の救世主と言われるクラチャイダムは感動的に効果ありました。クラチャイダムの試飲体験記はこちらです。

仕事関係者・友人や家族などにも知られず裏の生活で享楽することが要求されるでしょう。

極端な方は精神科医などに助言を求めることも必要です。

多くの場合は性的に嗜好はある特定のレンジの中で持ち上がる欲望となりますので

コントロールは極めて可能であり、むしろ人生における刺激快楽として楽しむことができるはずです。

性的嗜好に適するパートナー

従って性的な嗜好を心ゆくまで享楽し、充実した人生を送るには

その趣味に適合したパートナーを求める必要があります。

巨乳好きの男性にはふくよかなオッパイの女性に性的に興奮を激しく覚え、

セックスが大好きな男性には情熱的で感度の良い女性とのセックスが至福なひと時になります。

サド的な要素がある方にはやはりご奉仕好きなM女が最適であり、

アナルセックスに異常に関心のある男性は肛門に快感を覚える女性を求めるでしょう。

また大人の成熟した女性が苦手の男性は幼児体型のセックスアピールのあまりない少女のような

女性を好むでしょう。

しかし、少し変態的な趣味を有す男性は当初お互いの変質性を暴露しあって交際を始めることは稀ですので、

殆どの場合はカップル男女が性的な嗜好は合致していないのが現状です。

恋人や伴侶となるなどの長期の付き合いになると次第に性的な趣味が合わない場合は

セックスレスとなっていき、他の場面で性的な嗜好の合う相手を探すことになります。

ただし、変態的な特殊な趣味を除き、

今目の前の女性が肉体的に好みのタイプか、性的にエッチ好きか、

S系かM系かのレベルは当初の詳細の観察やセックスの感触で判断できるはずです。

手軽にセックスに応じてくれる女性を好みのタイプでないにもかかわらず、

長期のパートーナーとして指定することは一種の愚行になってしまいます。

しっかり、自分の好みの女性をイメージして女性のセクシュアリテイーを見抜く観察力を磨くことが大切です。

特に結婚相手などの長期の付き合いが余儀なくされる選択では

肉体的な好みとセックスへの積極度、SかMかくらいはしっかり見抜いておく必要があります。

巨乳好みの男性が貧乳女性と結婚したり、セックスが大好きな男性がセックスを嫌悪する女性と

結婚してしまったときなどは大きな人生の悲劇です。

勿論、婚前交渉での確認は必須ですが、

男性の経験が浅かったり、女性が性的に未成熟な場合など、まるで逆のタイプを選ぶこともよくあります。

其の場合は好みに合う別のパートナーを秘密裏に確保する手段を選ぶことも大いにあるはずです。。

特にまたセックスに対してS指向かM指向かも実に大切です。

多くの女性はM性を有しますが、とはいえ最近はS女性も急増しています。

セックスをリードすることが好きな男性が

ドS女性と結婚すると大きな楽しみを失うことになります。

女性の場合は付き合いの初期段階では本性を隠すことが多いので注意が必要です。

また40過ぎて自分の性指向の変態性に目覚める方も多々いるようですが、

パートナーに理解してもらえれば幸運ですが、多く場合は一蹴されるようです。

この場合は日常生活とは別に自分の趣味の世界を楽しんだほうがいいようです。

女装や露出など特殊な性的な嗜好を持っている方は、其の嗜好は家族にも社会的に隠匿したほうが得策で

欲望の発散には金銭によるかネットの趣味募集などで解決したほうがいいでしょう。

まとめ

セックスライフのエンジョイのためには性的な嗜好の相性が極めて大切です。

出会いの段階で自分の性的な嗜好を意識した上で相手の性的な嗜好の傾向を見抜き、

自分の趣味と合う女性を選ぶことは重要になります。

性的趣味は多様ですが、其の特殊性は社会的には認知されていません。

ゆえに特殊な趣向の男性は決して公にせずに

金銭的な解決もしくはネットでの趣味募集が無難です。

結婚生活とは切り離して考えたほうがいいのです。

スポンサーリンク

*定額会員制安心出会いサイト 
    1. ラブサーチ 
      真面目な出会いが出来るサイト
    2. 大人の出会いfrom40
      順番待ちの人気サイト
    3. ドリームリアライズ
      夢が叶う出会いが出来るサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする