自分の好みのタイプを知る

女性との出会いを求め、ハンティングするにはまずは自分はどのよう女を捕獲し交際したいのか知っておく必要があります。

つまり自分の好みの女のタイプを知ってそのうえで女性へのアプローチを試みるのです。

曖昧な姿勢で女性に接近することは極めて悲惨な結果を招く可能性があります。

女性であるなら何となく受け入れる姿勢はあまり感心はしません。

女性の好みといってもこの好みというのは男女とも言えるのですが、

生涯ずっと同じではありません。

年齢や経験とともに変化していくのが普通です。

その時、現在自分はどんな女が好きなのか自問することも極めて大切です。

まずは自分の女の好みと傾向をしっておくことが

女性との出会いの画策するには非常に大切です。

そして何故今その手の女が好きなのか交際したいのかを知ることで

恋愛感情と戦略を少しはコントロールできるようになるでしょう。

(スポンサーリンク)
ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト
ハッピーメール攻略法

そもそも好みとは何か?

それはその時点で最適の生殖相手を選ぶ物差です。

しかし、上記のようにこの好みの物差しは変化し、一定ではありません。

年齢や経験、その時の状況とともに次第に変わっていきます。

特に女性の場合は大きく変化していくことが知られています。

10代の時の男性の好みと20代、30代、40代、50代と次第に大きく変貌していきます。

また女性は月経の周期によっても男の好みが大きく変遷していきます。

極端に言えば日々、朝と夜でもまた男性の好みが違って来るときもあります。

これは女性の場合、女性ホルモンであるエストロゲンや男性ホルモンテストステロンなどが

年齢や月経周期、また一日の時間とともに変化することから起こります。

詳しくは下記を参照ください。

一方、男性は女性と比較すると求める女性のタイプは余り大きくは変わっていきません。

基本の好みは生殖能力授乳能力を有する女性であることです。

このシンプルな条件を持っている女性なら男は誰でも好きになり、セックスを求めていきます。

これは男性の場合は性ホルモンのメインであるテストステロンが常に高いレベルで安定していて

男性に性指令を出し続けているからです。

極端な話、男の場合は自分の好みを相手のレベルに合わせることもできる動物なのです。

男の恋愛の根幹をなす基本法則は自分の大量の精子を多くの女に受け取らせることです。

従ってある程度若くてそれなりの容姿であるなら誰でも性欲を覚えます。

一方女性の恋愛の法則は優秀な遺伝子の選別と安定した子育て環境を得ることにありります。

従ってセックスのパートナーとして男性の選別基準は厳密になります。

先天的な異性の好みと後天的な好み

男女の異性の好みは各自が複雑にそれぞれの事情や環境が絡み合い、遺伝要素などに影響を受けて好みの形成を行っていきます。

人には大きく分けると先天的な好みと後天的な好みがあるといえるかも知れません。

先天的な好みとはこれはその人間が持っている生殖的に要求してくる遺伝子レベルの好みであり、

ある意味では肉体の欲求と言えるかも知れません。

後天的な好みとはその人の経験や環境によって変化する知恵的な好みと言えるでしょう。

言うならば賢い出産子育て生活、そして恋愛・セックスを楽しむための経験的な知恵嗜好であるといえます。

このように自分の好みの異性とは、大きく年齢や状況によって様変わりしていく嗜好と


(スポンサー)

*中年期からのED/勃起不全の救世主と言われるクラチャイダムは感動的に効果ありました。クラチャイダムの試飲体験記はこちらです。

自分では如何ともし難い情欲的な好みがあることを認識したほうがいいでしょう。

自分の嗜好を知る

先天的な嗜好

まずは大切なことは自分の本能的な先天的な好みは何かを知ることです。

生き物として欲する性本能の根本的な好みであり、真の求める生殖、即ち性的な好みになります。

それはまた象徴的な部分ではエロの嗜好であり、変態性に属する部分です。

性的な嗜好は一部は幼児期の体験やトラウマなどにもよって形成されていきますが、

多くの部分は親などから受け継いだ体に埋め込まれた欲望になります。

ある人は女性のある特有な体臭に欲情したり、

足や指などの体のパーツ形状に特殊な反応を示したりします。

軽い特殊嗜好はフェチ的な好みとなったり

重厚なSMなどの傾向を示す女性を好んだりします。

この先天的な嗜好はある意味では厄介な形質であり、

その人の人生に大きな関わりを持ってきます。

自分でも訳もわからずその女を見ただけでペニスが勃起したり、

その女が頭からは離れません。

男性それぞれにそそる女は存在します。

そこで自分はどんな体をした、またはパーツや仕草、性的な嗜好を有する女性に

特別な反応を示すのか知っておく必要があります。

個人的には小生は女性のふくらはぎに異常な関心を持っています。

勿論、一般的な男性と同じく巨乳と腰のくびれにはついつい目が行ってしまいます。

具体的に好みの女のスタイルや部分的な特徴を明確にしておいたほうが

自分の行動を分析しやすくなります。

何故その女性に惹かれたのかが分かってきます。

後天的な嗜好

人は自ら置かれた環境や社会情勢、また流行などによっても女性の好みが変化していきます。

肉感的な女性がモテたり、細いモデル体型の娘が流行ったり、

小顔の可愛い女性が世間を席巻したりして男性は大きく影響を受けて好みの女性が変わります。

また優しさい女性やボーイッシュな女性がモテたり、流行りのファッションや音楽などの

文化や趣味的な要素も後天的な嗜好に属し、

その都度潮流が変わるたびに人はこの流行り迎合し自分の好みのタイプが変貌していきます。

これらは自分の恋愛や生活を楽しむための要素であり、

本能的なエロチシズム的な嗜好とは一線を画します。

言うならばライフスタイル的な異性の好みと言っていいかも知れません。

この好みも自分の恋愛や結婚を充実されるためにはしっかり把握しておく必要があります。

自分の好みには古い本能的な脳が要求する好みと

新しい脳である大脳皮質に由来する文化的スタイル的な好みがあることを知っておいてください。

相手の性格などの好みはこの後天的な嗜好に属し、

相手の性的な嗜好の選別は先天的な要素に由来します。

これらを踏まえて自分の恋愛やセックスのパートナーを選別するための方法論を論じていきます。

まとめ

  • 人には異性に対して先天的な好みと後天的な好みを有する
  • 先天的な好みは性的な嗜好であり、生涯変わらない本質的な性嗜好である
  • 後天的な好みは環境や文化に大きく影響を受けて大きく変化していく
  • 自らの異性に対する生殖的な好みとライフスタイル的な志向を明確にする