女の選び方の基本

男性が女性を口説いたり、交際する関係に発展させたりする際に

女を選別する基準を明確に持ったほうがいいでしょう。

女の選び方を意識するのです。

10代20代の若い時期にではついついエッチさせてくれた女性と付き合ってしまい

後悔してしまう男性は数多くいます。

そのまま結婚へとなだれ込む前に熟慮してみることもまずは大切です。

これまで自らの好みの女や性癖を意識することの重要性を述べてきましたが、

それ以外にも女性との付き合いの考慮すべき要素が現実に存在します。

交際は二人だけで成立するのではないことがポイントにもなります。

女性の選別基準をいくつか上げてみます。

スポンサーリンク

ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト

女の選ぶ3つのポイント

女性との望む交際の形や期間によって重要な選別基準と口説きの戦略は変わっていきます。

大きくは長く付き合いたいのかエッチできればいいのかの2極に方向は別れますが、

女を評価する基本は持っておくべきです。

男性の誰もがゲットしたい女の要素を3つに絞るとしたら以下のようになるでしょう。

  1. 女性らしい美しさ
  2. エッチ好き
  3. 性格がいい

これらの特性はエストロゲンが豊かな女性に特徴的に現れます。

エストロゲンは皮下脂肪と曲線美あふれる女体を作り出し、吸い付くような色白い美肌も形成します。

また性感帯を活性化して、深いオーガズムも生み出します。

性格は母性愛と慈愛に溢れた女性特有の情感を示します。

生殖器の成長と成熟を促し、出産能力も高めてくれます。

つまり男にとって魅力的ないい女とは女性ホルモンが活性化された女と言うことができるのです。

まずターゲットとするべきは女性ホルモンが豊かな女性が正解になりますが

男女の恋愛関係の幸福度はこれら以外に様々な要素が加わってきます。

それも付き合う形によって女性の性格やセクシュアリテーは適正が微妙にズレてきます。

今は自分はどんな交際相手が欲しいのかで固有な特性をもった女性が違ってくるのです。

交際の形態

男と女の恋愛や性的な関係は実に複雑で多様、事情によって様々形態を取ります。

シンプルな恋人関係や婚姻関係がその全てはありません。

今自分がほしい女はどんな女なのか?

どんな交際の形を取りたいのか?

その交際形態によって最適な女と全く向かない女がいること、

そしてその形態を望む女と望んでいない女がいることを知った上で女を狙い口説いていくことが

最良の結果を招いてくれます。

世の中の男女関係は大きく以下のようになります。

  1. 恋人関係
  2. 結婚関係
  3. 愛人関係
  4. セフレ関係
  5. 友達関係

大切なのことは今、自分はどんな関係の女を求めているのか?

そしていま目の前にいる女はどんな関係を望んでいて

どんな関係に相応しいのか?

男が豊穣な情愛を人生において満喫するには女の適性も見抜くこともポイントになります。

次の記事ではそれぞれの関係別の女性の特性と捕獲方法を述べていきます。

男女関係にプラスすべき選別要素

上記の5つの男女関係に適合させるべき選択基準は3つのポイントに加えて

以下の点も考慮する必要があります。

  1. ルックス
  2. 性格
  3. セックス

の3ポイントに加えて

  1. 欲情(そそる女)
  2. 免疫適合(遺伝的な適合性)
  3. 生活レベル
  4. 育ち
  5. 知性
  6. 年齢

の6要素です。

プラスの6要素は結婚や長期の恋愛関係にはかなり大切な要素になります。

長期の関係を決断する際にはしっかり相手を見極めて判断されることをお勧めします。

ひと時の熱情に流されて、決して幸福とは言えない人生を送られないためにも。

男が活きるも死ぬも女次第です。

欲情について

自分の好みのタイプを知るでも述べましたが、

人にはそれぞれどうしようもなく性的に興奮する女のタイプが存在します。

決して美人でもないのに、かわいい性格でもないのに見ただけでペニスが勃起してしまいます。

この情欲は自身の意志ではコントロール不能です。

生涯、この欲情とどう付き合っていくかも人生の大きな課題です。

どんなに多くの女性と付き合ってもそそる女、性欲中枢の芯をくう女を必ずしも獲得できるわけではありません。

しかし、湧き上がる欲望はどうしようもないのも事実です。

この自己に内存するそそる要素も女の獲得には十分考えていかなくてはならないでしょう。

長く付き合う女はいつまでも抱きたい女であることは大切です。

免疫的な適合性

生物学的な生殖上の相性が存在します。

特にこの相性の判断においては女性が臭覚を使ってかなり敏感に反応し、

生物学的に受精すべき精子を保持する男性を選別し

子孫の細菌やウイルスに対する抵抗力を強化し機能します。

この免疫適合要素に対する性的な反応は本能的であり、上記の性的な欲情にもつながっていきます。

この相性の適合は性的な満足感を男女にもたらしてくれます。

お互いは匂いや外見で強く引き合い、性的に激しく求め合います。

しかし、長期で一緒に過ごしたり、生活をともにすることとなると

まるで相性が合わないケースも多々起こります。

生活レベルについて

相手の女性の経済環境や生活レベルも大切な要素です。

あまりにもお互いに格差がある場合は長期的な交際を考えると結果はよくありません。

特に相手の女性の家庭の生活レベルはしっかり確認せずに、また

それらの全く無視して婚姻関係を結ぶことはよくよく考える必要があります。

この格差は男性が低い場合も当てはまります。

男性が身を引くことも大いに検討すべきです。

育ち

上記の生活レベルとともに大きく関わってきますが、

これまでの女性の生い立ちや育ちもしっかり確認しておかなくてはなりません。

ややこしい家庭環境や育った場所の風習や友人関係なども

長く一緒に生活する場合は必ず確認し納得の上で関係を結んでください。

愛では全ては救えないのです。

知性

お互いの知的レベルや教育レベルは均衡しているか?

大きな格差がないか?

大きな格差がない関係は長期的に維持できます。

結婚などの日常生活になるとこの知的水準レベルの格差が大きいケースでは

やがてお互いに大きな不満をもたらすことになります。

特に男性が低位の場合はよくよく検討することが大切です。

年齢

年齢はある程度の差異があったほうが寧ろ順調に関係は推移します。

勿論、男子が年上の方が好ましいのですが、

女性が年上の場合でも順調な関係ははよく見受けられます。

所謂、姉さん女房です。

男性は4~20歳位までは年下の女性を大いに対象にすべきですが、

30才40才の年齢の格差は経済的な余裕が必要になります。

女性が年上である場合はかなり男性が特殊な職業、例えばスポーツ選手などの場合が多く、

いずれも女性の精神力や知的レベルは高いことが多いようです。

女性が年上である格差はせいぜい10歳までが好ましいようです。

なぜなら女性は40歳を過ぎ50才近くなると性的な魅力が極端に低下します。

男性は相手の女性に性欲が起こることがなくなり、

代替えの女性が必要になります。

これらの6要素は短期の男女関係では大きな支障にはなりませんが、

長期の関係を結ぶ際にはしっかり相手を調査品定めをして実行する必要があります。

ここでは敢えて「愛情」という要素を除いています。

何故なら愛は3年で消え去るPEAによる幻覚だからです。

幻は選定条件には入れるべきではないのです。

いい女の共通の公約数

最後にここで再度記しておきます。。

付き合うべき女とは男を最低限でも気分よくさせてくれる女は女性ホルモン・エストロゲンが豊かで

その特性が表出している女らしい女性です。

これは生物の雄として誰もが感じる生理的な希求要素です。

迷ったときはこの基準に振り返って女性を選別してください。

大きな選択ミスとはならないはずです。

男性ホルモン・テストステロンと女性ホルモン・エストロゲンは共鳴しあい、

多くの快感をもたらしてくれます。

これをまずは忘れないことです。

(参照)

出会いの勧め

(出会えるお薦めサイト)

ネット出会いの極意は じっくり相手を見つける定額会員サイトと速効でH出来るポイントサイトを2つ登録しておくことです。


刺激的なポイント制出会いサイトの一押しはハッピーメール(18禁)

(スポンサーリンク)
ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト
ハッピーメール攻略法


*安心の定額会員出会いサイトBEST3(18禁) 
    1. ラブサーチ
    2. 大人の出会いfrom40
    3. ドリームリアライズ

月額定額だから安心して遊べます。まじめな出会いはラブサーチがお勧めです


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする