男は何故、ついつい浮気してしまうのか!?

男の浮気

『男は何故浮気するの?』
『何故、貴方は浮気するの?』
この質問をこれまで幾たび受けてきたことでしょうか。貴方も決して例外ではないはずです。そのたびに、苦しまぎりの言い訳を繰り返し、その窮地を逃れてきたことでしょう。

そして、あなた自身も本当の理由はよくわからないまま過ごしてきたはずです。

『ついつい性欲に抵抗できなかった』
『エロい女だから』

とそれなりの理由は述べても何故そうなってしまうかの根本的な原因は余り分かっていないことが多いようです。

その原因は簡単です。先述の男性の生殖子の生産量が根底にあり、すべては男性の遺伝子を残すことの不確実性に起因しています。

(参照)


(スポンサーリンク)

ハッピーメールバナー

業界最大級の会員数を誇る、登録無料の優良コミュニティ「happymail」(18禁)

ハッピーメールはポイント制の会員500万人を誇る20年を超える老舗サイトです。サクラもなしでセキュリテイーも万全で、安心して遊べます。ポイントサイトは、入会後直ぐに出会いが出来て、エッチな出会いにも最適です。(ハッピーメール攻略法はこちら

男の生殖戦略

「男と女の恋愛観の違い」の項でも述べたように、オスの生殖における戦術は、「物量作戦」です。

生物界のオスの殆どは、生殖で、脆弱な精子を危険に満ちた体外に放出するために、まず大量の精子を生産します。

加えて、男性自身が自らのお腹を痛めて子供を産むわけでもないので、本当に自分の子供であるか、100%保証を得ることが出来ません。

そのため、オスは常にその不安を出来る限り払拭する行動を取ることになります。

自らの遺伝子を継承することの不確実を補うための手段の一つとして、できる限り様々なメスと性交渉をもち、大量の精子を受け取らせることが生殖上、有効な行動になります。

一方、メスはこれと真逆な「質の戦略」が必要になります。できる限りハイクオリテイーのパートナーを選別することが、優秀な子孫を残すための最良の作戦になります。

人間のオスたちもこの生物界の基本戦略がプログラムされているだけです。

女性には叱られそうですが、多くの女性と性交渉をもつ男性ほど生物学的にオスらしいとも言えるのです。

実際、女性は、浮気性のモテる男性に、口とは裏腹に惹かれていきます。

男たちが浮気に走るのは、この摺りこまれた悲しきオスとしての性(さが)に従って行動しているだけなのです。

勿論、すべての男たちのセクシュアリテイーが同じであるわけではなく、信条や宗教、体質によって個人差が大きく生じます。

人生、一人の女性を愛し続ける男性も少なからず存在しますが、男性の基本OSは、多くの遺伝子を残すようにセットされています。

その上に様々なソフトが載せられていることを前提として我々恋愛することが大切になります。それは女性へのアドバイスでもあります。

男性がついつい他の女性に惹かれてしまうのは、自らの遺伝子を出来る限り残すための本能行動でしかないのです。

男は新しい女に目がない!

その本能行動を貫徹すべく、男性の脳には、幾つかの化学物質が作用していきます。

男性ホルモンであるテストステロンは、性欲を引き起こし、快楽報酬系ホルモンであるドーパミンと共謀して、強烈な性衝動を引き起こします。

テストステロンは、ドーパミンの分泌を活性化し、テストステロン値が高い人ほどドーパミンの分泌は盛んになります。

そして、ドーパミンは、興奮と新奇性を求めるホルモンであり、人が新しい事柄を体験することや獲得した時に脳の側坐核にドーパミンが大量に分泌され、大きな歓びを与えます。

恋愛行動においても、新しい女性との出会いやセックスに対して多量のドーパミンが側坐核に分泌されて、男性の心は大きな恍惚感と悦楽に満たされます。

この悦びという報酬を求めて、男性は抑えがたい性衝動を覚えてしまうのです。

男性が常に知らない新しい女性に興奮し、上気するのはこの仕組が作用しているだけなのです。

浮気を抑える仕組み

一方、全人類の男性が全て浮気行動をそのまま取る訳でもありません。

しっかり禁欲的な行動を取る男性も少なくありません。

人には性欲や浮気願望を抑え込む仕組みも備わっています。

愛情ホルモン・バソプレッシン

男性の基本の浮気プログラムに抑制的に働く物質が、バソプレッシンです。

(*バソプレッシンによる男性への恋愛作用や愛情形成については下記に詳しく述べていますのでご参照ください)

バソプレッシンに対する感受性の強い男性は、家庭的で子煩悩な性質になり、刹那的な享楽に溺れにくい性質を有しています。

夫婦間の愛情を大切にし、深い絆を結びます。

ドーパミンに対する感受性も弱いために、衝動性や興奮性も低く、保守的で地道な努力タイプな性格を有します。

一方、バソプレッシンに対する受容体が先天的に少ない男性は、他の女性との性的な関係を結ぶことは、何らの躊躇なく行い、正規のパートナー以外の多くの女性と性的な関係を築いていきます。

浮気症の男性は、テストステロン・ドーパミンタイプの男性であり、冒険家で事業家でもあります。

人類の今の成功は、この2つのホルモンが大きく寄与しています。浮気症の男性によって、今の繁栄があるとも言えます。

実際は、スポーツ、芸能、政治、経済などの分野の成功者は、テストステロンとドーパミンの数値が高レベルです。

一般的に

浮気は男の甲斐性

と言うところの所以です。

理性による浮気制御

また、浮気をおさえる仕組みとしては、人を人たらしめている新しい脳で前頭前皮質の理性や倫理観も上げることが出来ます。

常に人類の男性は知性の獲得とともに、側坐核のドーパミンの誘惑と理性・倫理の概念は格闘してきました。

浮気の罪悪感はこの前頭前皮質で生み出されます。

倫理観や理性は教育・宗教によって植え込まれ、本能と常に衝突してきます。

この抑制装置は、人の思惑も入り込むためにかなり厄介な仕組みです。

人の苦悩の元凶でもあり、この理性や知性、倫理観とどのように付き合うかも悩ましい問題です。

これらの人間観念は、浮気に対して良心の呵責を与えてきました。

湧き上がる本能を押し込めることが人間的か、押せないほうが自然なのか、人類はまだその答えを出し切れていません。

その場に応じた、波風立たないやり方で目立たず密かに行うしかないとしかいいようがありません。

浮気性は遺伝??

男性の浮気の性質は、父親から子供に受け継がれると言われています。

浮気症の男性の息子は、恋愛に積極的で離婚率も高いと報告されています。

どうやら男性は父親からテストステロンやドーパミンなどの活性度を遺伝的に引き継ぐようです。

勿論、ここには母親の愛情や生活環境も影響し、一律に語ることは出来ないのですが、傾向的に浮気性は血筋の可能性が高いと言われています。

浮気性と実直タイプの成果

これまで述べてきたように、浮気症の男性は積極的に恋愛行動を取り、家庭をあまり省みることはなく、多くの女性と性交渉をとっていき、その行動には良心的な呵責を感じることは余りありません。

自由奔放に生殖活動を行う為に、さぞ、その子孫の数は多くなり、浮気性のほうが生殖戦略上優位ではないかと推測されますが、実は真面目で実直な男性と浮気性で冒険家の男性との間に、成長する実子数は余り変わりはないという調査報告があります。

しっかり家庭を作って子育てに勤しむ男性と沢山の愛人を作って子供産ませる男性との間には、生殖的な差異は認められていないのです。

浮気性の男性はどうしても1人1人の子供の面倒みる時間と資金が充分ではなくなります。

一方、実直な男性は1人1人の子供をしっかり世話をしながら、確実に育てていきます。

もし浮気性が明らかに生殖上、有利であるなら、世の中は浮気性の男性ばかりになってしまうことになるのですが、どうやらそうではなく、両者は長い均衡を保って来たようです。

まとめ

何故、男は浮気するのか?の悪魔の解答は以上になります。

さて貴方はどちらのタイプになるのでしょうか?

いずれにしろ男性の基本OSには、浮気コマンドがタップリ組み込まれています。

男としての長い人生、これをうまく制御し、自分の置かれた状況も考慮にいれて、自己の欲望を満たしていく考え方が大切になります。

そして女性の方は、その男の性分を十分理解して、うまくコントロールしていくことをお勧めしますが、付き合いきれない相手には見切ることも大切になります。

出会いの勧め

(出会えるお薦めサイト)

ネット出会いの極意は じっくり相手を見つける定額会員サイトと速効でH出来るポイントサイトを2つ登録しておくことです。


刺激的なポイント制出会いサイトの一押しはハッピーメール(18禁)

(スポンサーリンク)
ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト
ハッピーメール攻略法


*安心の定額会員出会いサイトBEST3(18禁) 
    1. ラブサーチ
    2. 大人の出会いfrom40
    3. ドリームリアライズ

月額定額だから安心して遊べます。まじめな出会いはラブサーチがお勧めです


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする