男と女の恋愛に対する考えの違い(男女の恋愛基本戦略)

男と女の恋愛に対する考えの違い

男性と女性の恋愛観は明確に違いがあります。恋を生殖行動、セックスへ誘うための前戯儀式とするなら、人それぞれの恋愛観は生殖戦略であり、性的な志向性(セクシュアリテイー)そのものとなります。男女の生殖戦略の違いの根源は生殖子の絶対数にあるとこれまで何度か説明してきましたが、ここでもう一度おさらいを兼ねて見て見ることにします。そして、何故男と女は恋愛に対してまるで違った方向性を示すのか解き明かしていってみます。


(スポンサーリンク)

ハッピーメールバナー

業界最大級の会員数を誇る、登録無料の優良コミュニティ「happymail」(18禁)

ハッピーメールはポイント制の会員500万人を誇る20年を超える老舗サイトです。サクラもなしでセキュリテイーも万全で、安心して遊べます。ポイントサイトは、入会後直ぐに出会いが出来て、エッチな出会いにも最適です。(ハッピーメール攻略法はこちら

男と女の生殖戦略の違いの原点

男と女のセクシュアリテイーの差異は、その生涯作り出す卵子と精子の数量が大きく関わっています。女性の一生の間の卵子は数百レベルで限定的です。一方、男性の生み出す生殖子、精子は無限に近くといって言いくらい製造されていきます。この大きな量的な格差によって男と女の繁殖上でとる最適な行動が決定されてきます。それは、まるでマーケテイングにおける需要と供給の関係によるようなものとなります。

女性は限られた卵子を慎重かつ有効に活用することが戦略上求められます。また妊娠期間や子育て期間の労的な負担も大きくかかわってきます。そのため、生殖パートナーの遺伝的な優越性や経済的な能力をチェックし、より優秀で数多くの子孫を残すように行動していきます。パートナーの決定権は多くの動物では雌が握っています。

一方、男性は無尽蔵に生み出されてくる精子を如何に数多く女性に引き渡し、自分の遺伝子を後世に拡大させていくことが重要な使命になってきます。一回のセックスで確実に受精することはなく、また生まれてくる子供が確実に自分のDNAを有しているという保証もありません。男性は生殖市場では、不確実性のなかに存在しています。

従って男性が子孫を残していく確立を高めるには、多くの女性と多くのセックスが最良の手段になります。男性には、妊娠の負担や子育ての労力が女性に比べてかなり低いことも大いに影響し、とにかく無責任に精子をバラ撒く行為に夢中になります。

女性がより優秀で経済力ある男性を選別し、男性が一生懸命女性にアプローチし、できるだけ多くのセックスのチャンスを伺うという構造は、その主な要因は生殖子の絶対数の差異から生まれてきていることは明白です。これが男女の恋愛観の違い其のものとなっています。

極めて単純に表現するなら次のようになります。

女はできる限り自分に奉仕する力ある男を求め、男はできる限り多くの女とセックスする機会を求めている

こうれが男と女の恋愛に対する行動原理の違いです。

つまり、生殖においては

男は数であり、女は質の戦略

を取っています。

限定的な卵子と無尽蔵な精子

では、男と女の生殖数の違いは、何故生まれたのでしょうか?この違いが何故生じたのかを知ることは男と女の生殖本能、すなわち恋愛における基本行動を理解するうえで非常に役に立つことになるはずであり、貴方が女性を深く理解する上で有益です。そしてセックスそのものへ理解がより深まるでしょう。

我々がまだ細胞レベルであった原始の時代、生命は子孫を単純な細胞分裂によって残していました。生命としての極めて本質的な要素とは、自己増殖し自らと同じ組織形態を後々まで伝承していくことにあります。

ある時、ある生命体が自己の一個体の分裂ではなく、2つの個体が遺伝情報を交換して分裂する増殖法を行うようになります。この増殖法は、かなり負担と労苦がかかりますが、一個体の細胞分裂に比べて生存確率が高い生殖法でした。何故なら、他の個体との遺伝子の交換は、多様性を生み出し、種の絶滅のリスクを格段に低減させるからです。

一つの個体の細胞分裂による増殖は簡単に同じ個体を大量に複製することができます。しかし、その集団がすべてが同じ特性であることは、その集団にとって有害な環境・物質、ウイルスなどに遭遇することで大きなダメージを全体が被る危険性をはらむことでもあります。初期の生命体は、極めてか弱な存在でしたが、その集団が壊滅するリスクへの回避策が多様性を有することでした。生命の進化発展には、多様性こそ必要条件だったのですが、それを実現する手段が、違う特徴を持つ個体同士が、遺伝子を交換し合う生殖法だったのです。

そして生命は更なる効率性と自己強化の手段を模索していきます。そして、遺伝子を交換し合う機能をもった特別な生殖子を作るようになり、2つの役割を分担するようになります。一つは栄養を蓄えて細胞分裂のベースとなる生殖子即ち卵子となります。もう一つは遺伝情報のみを有したか活動的な生殖子、即ち精子です。

これが性の始まりです。一方の卵子は、受精後の分裂に備え、栄養を蓄え体を大きくして不動の戦略を取ります。もう一方の精子はできるだけ身軽に必要な情報だけもって相手を積極的に求める行動をとるようにプログラムされます。一方が待機戦略を取り、片方が活動的であることは出会いの確率を高めるためには非常に重要な戦略です。お互いが動き回ることが最良に一見思われますが、出会う確率は大きき低下します。また、お互いが動かない戦略はもっと最悪になります。

生命の生き残りは確率に大きく影響されます。この卵子が栄養を充分に蓄えて肥大化し待機する、そして精子は最低遺伝情報を維持して活動的になる戦略は生殖の確率を大いに高める最適の生殖戦略になったのです。その戦略では丈夫で栄養豊かな卵子の製造には限界ができてきますが、求められるのは数よりは確実性安定性になります。

一方、精子は、必要最小限の装備しか持たないために極めて脆弱な体質となってしまいます。そして何よりも受精を達成のため八方に相手を求めていかなくてはなりません。受精の確率を高めるには、脆弱性を補完し出会いの旅路を全うするために精子は大量に作り出されなければなりません。

卵子は待受け作戦ですが、精子は数打ち作戦を取らことが最適な戦略になります。これが、精子と卵子の絶対数が生じる根源的な理由になります。

男の恋愛観と女の恋愛観の違い

上記の要因が男女間の行動や考え方に全て影響を及ぼします。男と女の生殖戦略、すなわち恋愛戦略は、根本的にここで違ってきます。女性を効果的に口説き落とし、充実した恋愛生活を楽しむためには、その違いを確実に認識して、女性との恋愛セックスに臨むことが要求されてきます。ここで簡単に男と女の恋愛への考え方の違いを整理し列挙してみます。

女の恋愛に対する基本姿勢

  • 貴重な卵子つまりセックスは安売りしない
  • 自らのDNAの繁栄のために、容姿や免疫的に優勢な男子を選択する
  • 子育てと安全保障のために、男性に経済的な奉仕と忠誠心を求める

女性の恋愛観の本質は、男性に必ず何らかの代償を求めるところにあります。女性にとって、卵子の数は限定的で貴重であり、妊娠出産子育てには自らの生命と膨大な時間を注ぎ込むことになります。恋愛すること、すなわちセックスすることは女性にとっては大きなリスクを背負うことになります。

女性が男を好きになり、その身を任せる愛のプロセスは、自らの生活と命、そして繁殖の保証を求めるプロセスでもあります。愛の言葉、愛の贈り物、愛の貢物、愛の誓い、これらを女達は男たちに強く要求してきます。これらのすべては子孫を残すための一連の労苦に対する代償を意味しています。言葉を変えるなら、女に見返りなくして愛を与えることはなく、無償では体を許すこともないのです。

男の恋愛に対する基本姿勢

  • できる限り多くの女性に自らの精子を受け渡した
  • できる限り容姿や免疫的に優勢な女性を選択するが、それほど重要でない
  • 女性が他のDNAを受け入れないように貞操を求める

男性にとっての生物学的な究極の責務は、日々生み出される遺伝子を受け入れる相手の獲得であり、数多くのセックスです。男性は刹那的な恋愛に大きく興味を示すようにプログラムされている動物です。従って、男性にとって女性の人間性や容姿は恋愛行動において、大きな条件とはなることはなく、程々で満足していきます。男性にとって大切なことは恋愛の内容ではなく、セックスできたかどうかになります。男性の恋愛観は常にセックスが先行していくのが自然な思考になります。

男と女の恋愛基本戦略

男と女が、恋愛において目指すものは、生殖戦略そのものであり、如何に多くの遺伝子を後世にに残すという点では一緒です。しかし、両者がその過程でみる基本戦略はまるで正反対です。つまり

女はセックスの質を求め、男は数を求める

のです。

女は、一人の男性にその資質と恋愛行動に上質さを求め、男は寧ろ質よりは女性との恋の数を追求します。女性はどのレベルの男性と愛を深め、愛されたかが重要であり、男は何人の女と恋愛しセックスしたかが価値となります。

男と女の恋愛の真実

「女は貴重な卵子を男に提供するために何らかの代償を求め、男は膨大な精子の一部を受け入れてもらうために報酬を与える」

この関係性は、古代より永遠と繰り返された男と女のセックスと恋愛の真実です。それ以上でもないし、それ以下でもない気がします。

先に、男の愛の本質、女の愛の本質、そして男と女の絆の形成についても述べてきましたが、男と女の愛の形は多様で複雑で、いろいろな恋愛の形が成立します。男女の関係はどれも正解であり、否定されるものでもありません。しかし、根源的に男女の恋愛に対する考えの差異は原始の時代の有性生殖の発生時には生じたことにあります。この男女のセックス観、恋愛観の差異の理解は、恋愛とセックスの本質を理解することとになるでしょう。

男と女は確実に違うのです。

(参照)

出会いの勧め

(出会えるお薦めサイト)

ネット出会いの極意は じっくり相手を見つける定額会員サイトと速効でH出来るポイントサイトを2つ登録しておくことです。


刺激的なポイント制出会いサイトの一押しはハッピーメール(18禁)

(スポンサーリンク)
ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト
ハッピーメール攻略法


*安心の定額会員出会いサイトBEST3(18禁) 
    1. ラブサーチ
    2. 大人の出会いfrom40
    3. ドリームリアライズ

月額定額だから安心して遊べます。まじめな出会いはラブサーチがお勧めです


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする