人の悪口で女を口説く

女は人の悪口やうわさ話でストレスの解消を行っています。

女性と人の悪口を共有することで仲間意識と恋愛感情が生まれます。

女性の嫌いな人間の悪口やうわさ話で狙いの女性を口説くのです。

ただし、このような女性は余り高尚とは言えません。

そのうち、その愚痴や悪口は貴方に向けられることは覚悟ください。

セックスと言う目的を達成したら程良いところで逃げるのが得策です。


(スポンサーリンク)

ハッピーメールバナー

業界最大級の会員数を誇る、登録無料の優良コミュニティ「happymail」(18禁)

ハッピーメールはポイント制の会員500万人を誇る20年を超える老舗サイトです。サクラもなしでセキュリテイーも万全で、安心して遊べます。ポイントサイトは、入会後直ぐに出会いが出来て、エッチな出会いにも最適です。(ハッピーメール攻略法はこちら

|マイナスな気持ちも合わせる

類似性の要因では同じ趣味や同じ考えの人間同士はお互いに

好意をもちあい、急激に心理的な接近が可能であると説明しました。

(参照:女性に調子を合わせる

この現象はプラス志向の趣味や夢などだけではなく

嫌悪感や罪悪感などのマイナスな要因に当てはまる現象です。

というよりはむしろ同じマイナス心理要因のほうがお互いを

強く接近させると言っていいでしょう。

この心理現象をマイナス一致の感情効果といいます。

それは皆さんは日常的にすでに大いに経験し、その効果を利用して

知らず知らずに仲間を形成し盛り上がったりしているはずです。

悪さする仲間の結束は固くなります。

|女性と嫌いな人間や感情を共有せよ

人は同じ人間が嫌いだったり今ある現状に共通の不満が

あったりするとその相手を仲間として認め、心理的な接近現象が

起きてきます。

よくサラリーマンが居酒屋で上司の悪口や仕事の愚痴で仲間と

盛上っている姿です。

共通の人間の悪口を言っている時が特に燃えているはずです。

|二人の秘密を作る

これを女性との親密性を増すために利用しましょう。

もし同じ会社の女性だったらその女性が誰かの悪口や

仕事上の愚痴を言ってきたら100%同意しましょう。

全く同じ気持ちと伝えます。

例えそうでなくてもです。

二人は悪口や愚痴で大いに盛り上がり、

女性はあなたと会うことが楽しくなります。

会っているうちにやがて二人は共通の敵と目標を

もった同士になれます。

出来れば二人だけの密かな敵を作ったり、

現状打破の夢を持つことです。

また二人で何か共通の罪の意識を持つことも使えます。

軽い秘密の犯罪を犯すのです。

お店のスプーンを拝借したりホテルに素敵なコップなどが

あったら持ち帰ったり、上司に何かいたずらをしたり

他愛もないことを二人の秘密にしましょう。

|女の愚痴や悪口は一種の娯楽

女性は悪口や愚痴を吐き出すことで大いにストレスが

緊張感が解消されて精神的に快感になります。

古より弱き立場の女性にとって自己の癒しとして形成されたものです。

女性は悪口や愚痴に賛同してもらうだけで

あなたを気持のわかってくれる人と評価をくだし、

必ず好意を抱くはずです。

後は盛り上がりのなかで口説いて行くだけです。

人な悪口や愚痴は少し罪悪感があるかもしれません。

しかし、本当に嫌いな奴や悪い現象を言い合うことは

精神的には解放され、ストレスの開放になるのは事実です。

そのようなネタを見つけることもいいかもしれません。

ただし、あまり深刻にならずに軽い感じで

悪口や愚痴は処理しましょう。

|悪口は絆を作る

人間同士は残念ながら人はプラス要因でつながるよりは

マイナス要因で結びついたほうが強い絆を短期間で作り出せます。

特に女性は心に秘めたものを受けとめてもらうだけで

包容力のある人と認識してくれます。

日常はストレスや緊張感で満ち溢れています。

女のつまらない愚痴で済ますことなく同士になりましょう。

その解放者の姿勢を示すだけであなたのポイントは跳ね上がります。

このマイナス一致の効果の原理を大いに利用させていただきましょう。

出会いの勧め

(出会えるお薦めサイト)

ネット出会いの極意は じっくり相手を見つける定額会員サイトと速効でH出来るポイントサイトを2つ登録しておくことです。


刺激的なポイント制出会いサイトの一押しはハッピーメール(18禁)

(スポンサーリンク)
ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト
ハッピーメール攻略法


*安心の定額会員出会いサイトBEST3(18禁) 
    1. ラブサーチ
    2. 大人の出会いfrom40
    3. ドリームリアライズ

月額定額だから安心して遊べます。まじめな出会いはラブサーチがお勧めです


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする