ブログをメールで購読

愛情逃避タイプ女性

愛情逃避タイプ女性

愛情逃避タイプ女性は男性との関係を深めて、親密になることを恐れます。

何より自分の自由な時間を大切にし、自分の生活に他人が入り込むことを

嫌います。

基本行動が孤独でまるで猫のような生態を見せる女性です。

それ故に、男性にとって謎の女性の印象を受け、

魅力的に見えてしまいます。

しかし、この手の女性は相手との程よい距離、関係を求め、

自分の必要なときにしか接近してきません。

追いかければ追いかけるほど逃げていくタイプです。

(スポンサーリンク) ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト
ハッピーメール攻略法記事

愛情回避タイプの特徴

愛情回避タイプの女性は、自分がいちばん大切であり、

自分以外の人のことを考え、時間を裂くことに違和感を覚えています。

普段から、自己中心主義であり、自己の生活優先です。

人と群れることや、振り回されることに耐えられないのです。

とは言っても人の愛情を100%拒絶しているわけではなく、

家族や人との関係も大切に感じていますが、

他の人の愛情を素直に受け入れることが出来ません。

ただ、自分の心のなかを覗かれることや、

プライバシーに人を入り込ませることを

拒絶し、自分の本心を知られることを極端に嫌います。

熱く真剣な恋愛に関して臆病な女性たちです。

この愛情タイプは、人間愛や博愛精神が希薄です。

典型的な個人主義者と言えます。

男女間の愛情に重きを置かないために、

多くの男性と性的な関係を持ちますが、すぐに別れます。

周囲の人達は恋多き女と評します。

感情のぶつかりあう場面を避ける傾向が強く、

面倒なことから逃げる、自分の安全地帯に逃げ込むために

関係が長く続かないと考えられます。

相手の示す感情に正面から向き合うことはなく、

むしろ斜めに構えて透かすような態度に出ます。

交際が進むにつれて、次第に相手も気持ちが冷めしまい、

有耶無耶のうちに関係が解消されます。

女性よりむしろ男性によく見られる愛情タイプかも知れません。

このタイプの男性はセックスが大きな目的になっていて、

親密な関係は結びたくありません。

勿論、女性にも男性的なセクシュアリテイーを示し、

男性とセックスを目的に付き合う女性も稀ではありません。

多くの男性との性的な関係を結びます。

回避型愛情タイプの恋愛態度

愛情回避型はいざとなった場面では逃げだす傾向を示します。


(スポンサー)

*中年期からのED/勃起不全の救世主と言われるクラチャイダムは感動的に効果ありました。クラチャイダムの試飲体験記はこちらです。

愛情の正面衝突を避けて、男女間の真剣な話し合いも逃避します。

問題が生じると、なんとかその場面を取り繕い、先送りにしていきます。

相手から愛情の証を求められるイラつき、怒り出し、逃げ出します。

相手と長時間一緒にいることに耐えられず、

すぐに自分の世界に引っ込みますが、寂しくなると自らすり寄ってきます。

その行動は実に猫的です。

相手の男性に愛の言葉を強く要求することもなく、求められることも

好きではないようです。

同棲や結婚への志向はあまりなく、自分の自由を最優先します。

結婚している場合でも、相手とは親密な関係になることはあまりなく

冷めた夫婦関係が続きます。

しかし、彼女たちは基本『お一人様』志向ですが、

程よい恋愛関係とセックスは必要としています。

一緒に住んで男性や家族の世話することも好きではなく、

別々に生活する愛人やセフレ関係には向いているでしょう。

日々の連絡を取り合うことも苦手なことも特徴です。

毎日、メールや電話をすると嫌われます。

余り頻繁ではなく、思い出したように連絡することが

最適であり、女性も忘れたころに連絡していきます。

回避型のセックス

恋愛回避型は、いつも一緒に過ごし、親密な関係になることが苦手ですが、

セックスは決して嫌いではなく、むしろ好きなほうに属するかもしれません。

その性衝動は、生理の周期に多くの場合は一致しています。

排卵日周辺と生理前に積極的な性欲を見せてきますが、

それ以外は余りセックスに興味を示すことはなく、

デートに誘っても、乗り気ではなく、拒絶されることにも遭遇します。

しかし、排卵日や生理直前などで性欲が高まってくると、

女性のほうから積極的な誘いをかけてきます。

普通の恋愛志向の男性は、女性の本意が理解できず、戸惑いますが、

回避型の女性の言動に振り回されず対応することが大切です。

そのセクシュアリテイーは実に動物的であり、

本能的なことが多いようです。

女性側の性衝動に合わせた行動をとったほうが賢明です。

従って、愛情回避型の女性にセックスを求めることは

月に2~3度位が無難です。

女性の生理の周期を把握して、排卵日前後や生理前に迫ったほうが

関係は上手く続きます。

愛人と考えて相手のニーズに合わせてセックスに至るほうが

いいでしょう。

同棲や結婚も求めることは避けたほうがいいようです。

スポンサーリンク

*定額会員制安心出会いサイト 
    1. ラブサーチ 
      真面目な出会いが出来るサイト
    2. 大人の出会いfrom40
      順番待ちの人気サイト
    3. ドリームリアライズ
      夢が叶う出会いが出来るサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
モッピー!お金がたまるポイントサイト
モッピー!お金がたまるポイントサイト