愛人の選び方

(スポンサーリンク)
ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト
ハッピーメール攻略法

愛人の選別基準

愛人の性格や特性も楽しめてリスクが低い女たちを選ぶことが大切になります。

1年以上の長期の関係を希望する場合は以下のポイントを基準に選びましょう。

  1. 愛人のプロではない女性
  2. 美人でない女性
  3. 控えめで人柄の良い女性

愛人のプロではない女性

最近は愛人紹介のサイトなどもあり、愛人志向の女性がかなり蠢いています。

その中には多くは愛人ビジネスで生計をたて蓄財している女性がかなり存在します。

何人もの男性を掛け持ちしている愛人のプロの女性たちです。

やはり愛人の選別は普通の素人の女性を基準としてください。

性病などのリスクもあります。

プロの愛人女性はまたセックスも演技であることも多いので

セックスパフォーマンスは殆どプロの売春婦と同じです。

美人でない女性

美人の愛人はまずは高コストと思って間違いありません。

美人は自分の女としての魅力をよく知っています。

安い金銭では自分を売るつもりは毛頭ありません。

気位も高く扱いに苦労することも多く、どちらがお金を払っているかわからなくなります。

セックスもあまり楽しいものになりません。

美人は基本、自分が乱れることを見せることが嫌いなのです。

勿論、ブスはNGですが、ちょっと可愛い程度で身体がお好みで

感度のいい女性を選ぶといいでしょう。

控え目で人柄のいい女性

愛人という立場をわきまえてくれて、こちらの事情もよく理解してくれる女性であることが

必要な条件になります。

気性が荒く目立ちたがりの女性は付き合い当初は面白いのですが

次第に自分の立場を主張し、必ずや災いをもたらす存在になってしまいます。

その性質の女は早めに縁を切って別の女性を探してください。

このタイプの女性は女性ホルモンにあふれて女性らしい心情豊かな人です。

また肉体的にも女性らしい魅力もたっぷりでセックスも最高の筈です。

貴方の心も身体も癒やしてくれる菩薩様のような存在になるでしょう。

特にこれまで女性に恵まれてこなかった男性にはおおいなる救済になるはずです。

愛人にしてはイケない女

愛人にしてはNGな女もいますので気をつけましょう。

  1. 結婚願望の強い女
  2. 恋愛嗜好の強い女
  3. 感情的な女
  4. 口の軽い女
  5. 欲の深い贅沢な女

これらの女はどんなにエロくていい女でもあまり長いお付き合いは避けたほうがいいでしょう。

ちょっと楽しんだら別れることが懸命です。

将来的に必ずトラブルになって貴方を苦しめます。

愛人をもつ為の心得

愛人として選別すべき女性の姿をいろいろ述べてきましたが、

愛人を持つには男としての守るべき鉄則があります。

以下の掟を守れない人は愛人を持つこと事態が不幸になりますので

控えたほうが懸命です。

  1. 他に口外しない
  2. 愛人にのぼせ上がらない
  3. 然るべき時にはきっぱり別れる

口外しない

愛人関係にある女性がいることを決して他者に知られないようにすることが

最低限守るべき掟です。

特に自分の妻や子供に察知されるようでは愛人保有の失格者です。

家庭には絶対に愛人の存在を知られてはならないし、匂わせてもなりません。

自分の妻や家族に苦悩を持ち込まないように細心の注意を日頃から払い続けなくてはならないのです。

愛人は経済的な負担よりも精神的な負担も大きいことは覚悟して臨むべきです。

愛人を持つことは男の本能として実に正しい行為ですが、

自分の快楽のために不幸な人を製造してはならないのです。

全ての女と周囲の人たちを幸福にするのが男の役目なのです。

のぼせ上がらない

特にあまり恋愛などに勤しむ時間や余裕がなかった人たちが、

経済的に成功して愛人をもつと陥りやすいのが、


(スポンサー)

*中年期からのED/勃起不全の救世主と言われるクラチャイダムは感動的に効果ありました。クラチャイダムの試飲体験記はこちらです。

若くて可愛い女に夢中になってしまう症状です。

若い頃体験したことのない女の魅惑にハマってしまい、

本気で愛していると思いこんでしまいます。

やがて周囲に知られることにもなっていきますが、

本人は止まることはなくそのまま暴走していきます。

愛人にとっても実に迷惑な話か、もしくはいい金づるになってしまいます。

あくまでも愛人関係は大人のクールな間柄であり、お互いの必要なものを提供しあう、

ギブアンドテイクのバランスを保っての付き合いです。

多少の恋愛感情はお互い過ごす時間に良い味付けとなりますが、

疑似恋愛であることは忘れないようにしなくてはなりません。

きっぱり別れる

愛人関係の前提は然るべきときには精算することにあります。

つまり結婚や恋愛との違いは最初から期間限定であるということです。

相手の事情やこちらの事情が変化を見せてきたときには

別れることを厭わないことが大切です。

下手に相手の女性に未練などを残さず、別れたら2度と合わない決心が必要になります。

相手から別れを提案されたときには取り乱さず、

気持ちよく送り出してあげましょう。

短い時間でも楽しい時間を共有できたことに感謝して

餞別を手渡せば、相手の女性にとってもいい思い出になるはずです。

愛人の相場は?

さて気になるのが愛人の相場です。

愛人へのお手当は月極とその都度払いの2通りあります。

月極の場合は月に2~3度くらい逢瀬の約束で10~15くらいになるでしょう。

援助交際に比べたら1回あたりのコストが高めになりますが、

専属契約ということではやむを得ないと考えるべきです。

その都度払いの場合では3~5くらいが相場のようです。

これも援交よりは高めになります。

まずはその都度の関係から開始して、性的にも性格的にも相性が合うようなら

月極にすることがいいでしょう。

勿論、どちらのケースでも旅行などに同伴する場合は別途日当的なお手当は必要かもしれません。

以上はいずれも女子大生やOL、主婦などの相場観です。

女性によっては希望金額はまるで違ってきます。

勿論中には金銭的な要求よりは愛情とセックスを求める有り難い女性もたまに遭遇します。

愛人プロ的な女性や美人愛人希望の女性はこの女性たちの1.5~2倍の金額を要求してきます。

中小企業の社長やドクターでない限り、

あまり高額金銭の愛人はお勧めしません。

男女間の濃密な関係は寧ろ、金額に逆比例する傾向があるからです。

したがってただ単にお金目当ての女は、どんなにいい女でも長期愛人として抱え込んではなりません。

いい女はショートで付き合い、気立てのいい娘を長期で可愛がりましょう。

まとめ

愛人は男のオアシス的な存在であり、人生を幸福で潤いあるものにしてくれる可能性があります。

しかし、愛人の選び方によっては災いの原泉にもなります。

決して安易な気持ちで愛人を望んではならないのです。

それなりの気質を有した女性を選び、

仲良く長く付き合うルールに従うことです。

スポンサーリンク

*定額会員制安心出会いサイト 
    1. ラブサーチ 
      真面目な出会いが出来るサイト
    2. 大人の出会いfrom40
      順番待ちの人気サイト
    3. ドリームリアライズ
      夢が叶う出会いが出来るサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする