PEA・フェニルエチルアミン作用で人は恋をする

PEA

一目惚れや恋心は脳内分泌ホルモンによる一種の脳における化学反応であり

神経伝達物であるPEA(phenethylamine)フェニルエチルアミンもしくはフェネチルアミン

と言われるアルカロイドが関係していると言われています。

PEAはアンフェタミン(覚せい剤)に似た一種の覚せい剤であり

モノアミンといわれるドーパミンノルアドレナリン、アドレナリン、セロトニン、ヒスタミ

ンなどと同じ高揚系の神経伝達物質です。

自然ではアミノ酸・フェニルアラニンから酵素によって合成され、

チョコレートやチーズ、ワインなどの微生物発酵した食品に含まれます。

このPEAは覚醒効果のために一般的には販売を禁じられていて

惚れ薬のように使えないのが残念ですが、

一目惚れや女性の発情に大きく関わるPEA作用をよく熟知しておくことが大切です。

スポンサーリンク

ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト

PEA(フェネチルアミン)の活性化

PEAは次のような主に恋愛時に脳内に大量に分泌されることでよく知られています。

恋愛ホルモンとか一目惚れホルモンとか言われています。

恋愛だけでなく以下のような場面でもPEA(フェネチルアミン)は

活性化されます。

  1. 恋をしているとき
  2. 極度の緊張時や不安や恐怖を抱いている時
  3. 焦らされた時
  4. 好きな人が離れそうになる時
  5. 好きな人を追う立場にいる時 
  6. 相手との関係に対し障害がある時
  7. 恋愛映画や恋愛小説を読んだ時
  8. セックスを繰り返す時

1.恋しているとき

これは恋をするから脳内に分泌されるのか分泌されるから恋をするのか微妙なところですが

最初は自分の生物学的な好みの異性や視覚的に好みの相手に巡り合ったときに

一気に活性化されて、その後付き合いに進展することで活性が継続されると考えられます。

惚れっぽい習性の我々男子はいい女を見るたびにPEAが脳内に一気に分泌され、

しかし相手があまりいい反応を示さなければすぐに体内で消化されて

恋心は消滅していきます。

また次に出会った好みの女子に恋心を抱きます。

2.緊張時

不思議なことにPEAは恋しているときだけではなく極度の緊張時や

不安や恐怖を抱いている時にも活性化されています。

これは人が危機的な状況下では交感神経が活性化されて心身が対応できる体制を取りますが、

交感神経活性化物質の一つがPEAなのです。

その為によく言われるのが吊り橋効果です。

これは緊張時にはPEAが活性化されているので恋愛に陥りやすいという理論です。

また、恋すると好きな人の前では胸がドキドキしたり、冷や汗が出るのは

PEAの交感神経の活性作用です。

そうなるとこれもどちらが先か訳が分からなくなります。

恋するから緊張するのか、緊張するから恋するのか??

恋は不思議なものです。

3、焦らされた時

これはお預け効果です。

特に男性は女性から焦らされれば焦らされるほどその女性に恋心を強化していきます。

このPEAのお預け効果を女たちはうまく利用して

なかなかすぐにはエッチに応じず男達を自分の虜にしていきます。

本能的に女はこのPEAの作用をよく理解しています。

逆に直ぐにエッチさせてしまう女は男に恋心を植え付けることが出来ずに、

やり逃げ去れる危険が高いのかもしれません。

4.好きな人が離れそうな時

恋人や妻から別れ話を切り出されると一気にPEAが活性化されてしまい

恋心は募りまくってしいます。

男性によくあるケースですが、

それまであまり深く思っていなかった相手が去ってしまうことで

忘れることが出来なくなってしまい、

愛おしい心が一気に心の奥まで入り込んできて悩むことになってしまいます。

去られた相手をいつまでも思い続ける現象はよく起こりますが、

これはPEAホルモンの悪戯です。

そんな時は基本は去る者は追わずが正しいと認識して単なる生理現象と割り切りましょう。

はやく次のPEAを活性化してくれる女性を探しましょう。

5.好きな人を追う立場にいる時

これはいわゆる片思い時に起こる困った現象です。

片思いの異性を追いかければ追いかけるほどPEAが分泌されて

恋煩いは重症になっていきます。

誰しも一度は経験する苦しい片思いです。

現在でも治療法は殆ど見つかっていません。

出来ることは他の女を好きになるしか手はないのですが、

恋のピーク時には他の女は目に入らなくなってしまい、

どんなに素敵な別の女性と出会っても薬効はない状態です。

想いが募りすぎて極度の場合はストーカーとなってしまいます。

こんな時は遠く離れて時間の経過という自然治療しかないのですが、

なかなかその決断はできません。

ただPEAは代謝が早くて脳内に大量に長く残り続けることはありません。

つまり出来る限りその相手に接触せずに

新規に分泌させないことが恋煩い脱出のいい方法です。

6.相手との関係に対して障害がある時

このいい例がロミオとジュリエットの恋物語です。

男も女も二人の間に恋の障害があることで心は燃え上がっていきます。

何も障害がなければ実に平凡で感動のない普通のお付き合いになります。

常に情熱的な恋愛が自分の人生に起きると信じている女性には

何か邪魔するものがあったほうがPEAが更に分泌されて相手への情を深めるかも

しれません。

(男の本音は恋などという面倒なことはカットしてセックスだけに

ありつければいいのですが・・・・)

従ってこれは是非じっくり付き合いたい思う女性には

何か障害を創作するのも一つの手かもしれません。

不倫で男女とも最高に燃え上がってしまうのは

この障害によるPEA効果でしょう。

不倫は不倫のままのほうが美味しいものです。

お互いに離婚が成立して晴れて一緒になると

相手への気持ちが冷めるのは良くあることです。

7.恋愛映画や恋愛小説を読んだ時

これは特に女性によくみられる現象です。

女性は常にラブロマンスに憧れています。

女性はラブロマンスを映画や小説で疑似体験することでPEAの分泌を促し

恋する甘い気分に浸っているのかもしれません。

もともとは男性と違ってPEAはスローな活性ですのでロマンチックな恋物語で

常に体制を整えているとも言えるのかもしれません。

恋愛映画に女性を誘って上手くいい雰囲気の中で口説くのもいいかもしれませんが、

ちょっと見え見えで個人的には苦手です。

それでももしそんな場面になった時には強引にその夜に口説くことがいいようです。

PEAはすぐに代謝される物質だからです。

またよく結婚式の2次会でカップルが成立するのは

女性が友人のラブストリーを目の当たりにして

PEA・フェニルエチルアミンが活性化されているからなのかもしれません。

つまり女たちは友達の結婚式の後は脳は恋に陥りやすい状態なのです。

従って男子のみなさん結婚式の2次会には積極的に参加して

しっかり女漁りをしてください。

3万円も既に投資していると考えて少しでも回収しましょう。

8.セックスを重ねる時

セックスによってPEAは活性化されて相手への想いを深めます。

これは女性に特に顕著に現れます。

男性はすぐにその女性に飽きてしまい別の女性とのセックスを求めますが

女性はセックスを重ねるたびにPEAが強化されて男性を好きになっていきます。

勿論、女性に気持ちのいいセックスであることが前提ですが、

肌を許しただけでも男を深く思い込む女性も多くいます。

従ってあまり好きでもない女性とのセックスは程々にしておくことも必要です。

惚れさせすぎても離れるのが大変ですし、

離れようとすれば上記のように益々、PEAは活性化されていきます。

出会いの勧め

(出会えるお薦めサイト)

ネット出会いの極意は じっくり相手を見つける定額会員サイトと速効でH出来るポイントサイトを2つ登録しておくことです。


刺激的なポイント制出会いサイトの一押しはハッピーメール(18禁)

(スポンサーリンク)
ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト
ハッピーメール攻略法


*安心の定額会員出会いサイトBEST3(18禁) 
    1. ラブサーチ
    2. 大人の出会いfrom40
    3. ドリームリアライズ

月額定額だから安心して遊べます。まじめな出会いはラブサーチがお勧めです


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする