女の愛の正体

母と子


(スポンサーリンク)

ハッピーメールバナー

業界最大級の会員数を誇る、登録無料の優良コミュニティ「happymail」(18禁)

ハッピーメールはポイント制の会員500万人を誇る20年を超える老舗サイトです。サクラもなしでセキュリテイーも万全で、安心して遊べます。ポイントサイトは、入会後直ぐに出会いが出来て、エッチな出会いにも最適です。(ハッピーメール攻略法はこちら

女の恋愛感情が作られる仕組み

では、その母性愛は、どのようにして男女間の愛に変転していったのでしょうか?

人類はその進化の過程で、人と人が繋がり合い協力し合うことによって大きな発展を手に出来ることを学んでいきます。人同士がコミュニケーションを取り合うことで食料の確保が容易になり、生存環境を大きく改善できることを知っていくのですが、そこにはオキシトシンが大いに活用されていきます(男性もオキシトシンを女性より低量ですが、存在します)。人同士が繋がり近しくなることでオキシトシンが活性化され、ドーパミン報酬系が作動して喜びとなっていきます。これは人類の大きな活動の基盤となっていき、プログラムとして強化されていきます。そしてこのシステムは、種の継続という生物がもつ本能行動においてもっとも強くは応用されていきます。

他の動物に見られるような子育ての手法は、2足歩行で脳が肥大化し高い知能を得た人類には決して賢明な選択ではなかったと思われます。幼児が独り立ちするまでに多くの時間が必要になり、男女が互いに絆を結び協力し合う子育てを行う必要が生じます。食料確保に人が協力し合うように、子育ても男女が信頼の中で共同で行うことが最善となったのです。男女の絆を更に強固な形にし確実に子孫を残していくために、人類は母性の仕組みを活用していきます。オキシトシンの作用を使い、男女の絆を強化する手段を選んでいきます。

今の我々、ホモサピエンスに至るまで多くの人類が生まれ滅んできました。これらの絶滅していった種は、この絆と愛情形成のプロセスをうまく成立しなかった種であったのかもしれません。実際、今の我々に一番近いと言われているネアンデルタール人たちの絶滅した理由が高度なコミュニケーションが取れなかったことではないかと推測されています。

人類は男と女の絆を深めることで他の種との生存競争を勝ち抜き、繁栄という大きくな果実を手にしていきます。オキシトシンの持つ2次作用を利用して、男女の絆を形成していきます。女たちが既に持つ母性形成するためのエストロゲン、オキシトシン、ドーパミンの報酬系システムが女性の男性への愛情形成に利用されていきます。人類は全く別途の愛情形成の為の仕組みを作るのではなく、母性愛のプロセスを少し変性して応用していったのです。そしてその企ては人類を大きな成功へと導きます。

女性の愛の本質

女性が恋人やパートナーに対して愛おしく思う心は、子供への愛情の形成の仕組みそのものが雛形になっています。そのために、女性にとって恋人の姿形は、赤ちゃんと同じように情感に訴えてきます。セックスでは、オーガズムを感じた女性の脳内には、快感麻薬ホルモンと同時にオキシトシンとドーパミンが大量に分泌されます。オキシトシンとドーパミンは報酬系システムに作用し、母性が生まれる同じ仕組みで男性へ慈しみの感情と執着心が湧き上がり、深い絆を結んで行きます。性の契を結ぶ前の女性の精神的で曖昧な想いは、セックスによるオーガズムによって強化され愛として完成していきます。

そして男性は、本能的に赤ん坊と同じように、女性の愛情を引き出し、世話を焼かせるために、様々な行動を起こします。見つめ合い、熱いキスをし、体を優しく愛撫してオキシトシンの分泌を促します。そして、赤ちゃんと同じように乳首を吸ってオキシトシンが更に放出されるように刺激していきます。究極は、膣と子宮頸部へのペニスでの刺激です。刺激されたポルチオと膣は、出産と同じ仕組みで、大量のオキシトシンを分泌して、子宮オーガズムを誘発していきます。オーガズムは更にオキシトシンを分泌さて、喜びは記憶されその男性への執着と愛情を強化していきます。そして男性の日常の世話を焼いていきます。

女性の愛情形成のプロセスは、自分の子供にたいしても恋人にたいしても同じ工程を辿ります。もともとは、子供を生み育てるための仕組みを男性への愛情形成に活用していったものです。その変転を命じていったのは人類の細胞の奥深くに潜んでいるDNAの集団です。我々人類のDNAは大きな試みとして、生殖プロセスに絆と愛という触媒を挟み込みました。それが見事に成功し、今の我々の繁栄があるのですが、その我々の心に挟み込みこまれた愛の触媒は、喜びだけではなく深刻な苦悩ももたらしたのです。

女性の男性に抱く愛の正体は、子供に抱く愛情が原型となっています。女性にとって恋人や夫は赤ちゃんと同じ存在なのです。年配の女性は夫の些細な日常行動に次第に口うるさくなります。女性が夫を支配し様々な指示を行う行動もよく見られます。それは子育てを終えた女性が、今度は夫を子供の代役にして、母性本能を満たしているだけの行為と考えることも出来ます。男は女性にとって永遠に子供であり、子供であってほしいのです。

女の愛情を強化する手段

もし貴方が女性の関心をもっと自分の方に惹きつけたい、もしくは愛情をもっと抱いてほしいと望むなら、赤ん坊と同じような戦略を取ることも一法かもしれません。女性の母性を刺激する戦略です。姿を見せず女性を不安にさせることも時には必要です。そして、女性の肌を優しく撫で、見つめ合い、抱擁は常に行って下さい。

セックスでは一生懸命、乳房を刺激して、ペニスで膣と子宮マッサージを丁寧に行います。これらで行為で女性のオキシトシン濃度は高まり、貴方への愛情は飛躍的に向上します。特に大切なことは、オーガズムを女性に与えることです。これまで見てきたように、女性は快感を与える男性を愛するように出来ています。逆を言えば、快感を与えてくれない男性を愛し続けることはないことも覚えておいたほうがいいでしょう。すべてはドーパミン報酬系システムの基本的な作動によるものなのです。

このように女性の男性への愛おしい思いは母性愛が基盤にあるのですが、では男性の女性への愛の正体は何なのでしょうか?それは、女性とはまるで性質が違う感情です。次回の記事で探求していきたいと思います。

(参照)

出会いの勧め

(出会えるお薦めサイト)

ネット出会いの極意は じっくり相手を見つける定額会員サイトと速効でH出来るポイントサイトを2つ登録しておくことです。


刺激的なポイント制出会いサイトの一押しはハッピーメール(18禁)

(スポンサーリンク)
ハッピーメールバナー*ポイント制人気出会いサイト
ハッピーメール攻略法


*安心の定額会員出会いサイトBEST3(18禁) 
    1. ラブサーチ
    2. 大人の出会いfrom40
    3. ドリームリアライズ

月額定額だから安心して遊べます。まじめな出会いはラブサーチがお勧めです


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする